福祉用具専門相談員になるには?仕事や役割を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

福祉用具専門相談員は、介護が必要で福祉用具を必要とする高齢者や障害者の相談に乗り、状況によって適切な福祉用具の相談や選択を支援する相談業務です。

レンタルや販売する時にも選び方や使い方をプロの視線で適切にアドバイス出来る知識が必要です。

福祉用具専門相談員の資格とは

分野 福祉用具
関連する法律 介護保険法
問い合わせ先 各都道府県

介護保険制度が始まってから、自立を支える福祉用具の重要度は年々高まっているので、有資格者を求めるニーズは非常に高いのが現在の介護業界です。

福祉用具は、介護保険を使ってリースが受けられます。指定居宅サービスとして福祉用具貸与事業を行う場合には、各事業所に2名以上の福祉用具専門相談員を配置する事が定められています。

そして介護保険が対象とする福祉用具は、移動用リフトやベッド、車いすなど多岐に渡り種類も多様化しています。

利用者本人や家族の希望に応じて、福祉用具の選定から使い方など相談や用具のフィッティング(調整)等を行う専門職として働く事が出来るのが、福祉用具専門相談員の資格です。

福祉用具専門相談員の仕事内容

知識や情報不足の介護者本人や家族のニーズに合わせて、適切なアドバイスが出来る知識が必要です。

また利用者の身体の状況に合わせたアドバイスが必要なため、利用者宅の訪問や利用状況の調査を行うのも仕事内容に入ります。適切な利用のためのお手伝いをすることも大切な仕事のひとつです。

では具体的に見ていきましょう。

受付

一般的な流れでは、まずケアマネージャーから電話で相談が入りますので「受付」します。

訪問

そこでまずは利用者の状況を確認しなければいけませんので、利用者宅に訪問します。

そこで利用者の身体の状況や住環境、本人・家族の希望を聞いていきます。
身体状況は様々ですので、麻痺があるのか?拘縮があるのか?生活する上での動作の不自由な点なども確認します。

色々聞く事で、他の福祉用具が必要なのではないか?など出てきますので訪問はとても重要です。

選定

希望や状況を確認したら、担当するケアマネージャーやかかりつけの医師や看護師、理学療法士などと相談していきます。

その内容を元に福祉用具を選定していきます。

福祉用導入計画の作成

次は利用者用の「福祉用導入計画書(福祉用具サービス計画書)」を作成します。

計画書には年齢、身体・住居の状況、選定した福祉用具、それに伴う導入の目的や福祉用具利用の際の注意点などを記入していきます。

福祉用具の搬入

計画書を元に利用者や家族の同意を得たら自宅に搬入していきます。

搬入する際には住居内の福祉用具の位置や向き、高さなども利用者の身体状況により違うので使いやすいように設置していきます。これを「フィッティング」と言います。

搬入後のモニタリング・メンテナンス

福祉用具の搬入後も定期的にきちんと利用出来てはいるか?使いづらさなどの要望などを聞く為に、アフターフォローとして「モニタリング」をしていきます。

モニタリングの結果はケアマネージャーに報告して、状況に応じて交換したり調整します。

もし他の福祉用具の要望があれば解約や回収もしていきます。

また福祉用具はレンタルのため不特定多数の方が利用しているので洗浄や消毒を含むメンテナンスも必要です。

サービス担当者会議への出席

福祉用具は介護保険を利用したケアプランによって導入されます。
そのため要介護度の変更時や介護状況の変化に応じて、福祉用具の専門家として、サービス担当者会議にも出席します。

 

福祉用具専門相談員になるには

通学・研修 必須(40時間以上)
実務経験 不要
認定試験 なし

資格をとるには、都道府県知事が指定した講習を受講し修了することで取得出来ますので、取りやすい資格と言えます。

資格を持っていれば、一定の福祉用具の知識があるとして認知されます。

資格を持っていれば自動的に取得

現在、社会福祉士、介護福祉士、看護師、准看護師、保健士、理学療法士、作業療法士、義肢装具士の資格を持っている人は、「福祉用具専門相談員」を持っていると見なされています。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は講習が必要に!

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は福祉用具専門相談員として働いている人もいますが、法律改正により福祉用具専門相談員指定講習を受講しなければいけなくなりました。

  • H28年3月31日までに福祉用具専門相談員指定講習を修了
  • 介護福祉士などの国家資格を取得

どちらかの条件を満たさなければ、福祉用具専門相談員として働けなくなりますので要注意です。

 

福祉用具専門相談員に求められるもの

資格を取る事で用具の使い方は分かりますが、利用者に応じた幅広い知識が求められます。

単なる福祉用具の商品知識だけではなく、使用感や使い勝手、利用者にあった調整方法も含めて知らなければなりません。
現場を通じた専門知識が求められますので、これらを含めた幅広い知識と現場経験を身につける必要があります。

 

スペシャリストへのステップアップ

福祉用具専門相談員の資格は福祉用具の仕事のファーストステップとなる資格です。

ステップアップとしては、福祉用具専門相談員として業務経験2年以上が受講条件の「福祉用具選定士」や「福祉用具プランナー」があげられます。

これらはより実践的なカリキュラムがある資格です。

また、操作方法や商品選定に高度な技術を要求される福祉用具については、「リフトインストラクター」や「可搬型階段昇降機安全指導員」の資格が必要になります。

 

まとめ

福祉用具相談員は、介護業界の中でも需要が見込まれる専門職です。

福祉用具の専門家としてまずは取得しておくべき資格です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*