福祉用具プランナーになるには?仕事や役割を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

福祉用具プランナーは、福祉用具の知識やアドバイスだけではなくプランニングや対人援助技術までサポートする福祉用具の相談援助に役立つ幅広い知識が持てる資格です。

福祉用具専門相談員などの福祉用具関連の施設で2年以上の実務経験がある人が対象の資格です。

福祉用具専門相談員の資格とは

分野 福祉用具
関連する法律
問い合わせ先 公益財団法人テクノエイド協会

福祉用具プランナーは、公益財団法人テクノエイド協会が実施する研修で、福祉用具の相談業務をしている人を対象により高い知識と技術を得る為に実施されています。

福祉用具プランナー研修を修了すれば介護職員初任者研修を修了した事になります。

更にステップアップの道としては5年以上の実務経験があれば、介護支援専門員実務研修受験試験の受験資格が得られます。

 

福祉用具専門相談員になるには

通学・研修 必要(7日間52.5時間。その他eラーニング48時間)
実務経験 2年以上
認定試験 研修後の修了試験あり

資格をとるには、まず公益財団法人テクノエイド協会の研修を受講します。

研修の中では48時間はeラーニングで約二ヶ月の間に自宅や職場で学習していきます。
そのため自宅または職場等にインターネット接続が可能な環境とパソコンがあることが条件です。

その後、決められた会場に集まり7日間で52.5時間の実技や演習を受けます。これが終わると修了試験です。

修了試験に合格後

修了試験に合格する為には、50点満点で30点以上が合格ラインになります。
合格すれば、「福祉用具プランナー研修修了書」を受け取って無事終了です。

実務経験が無い人

教育機関を出てたの人の場合は実務経験がありません。

そのような場合に研修を行なう場合もありますが、その場合は2年間の実務経験が終了後に「福祉用具プランナー研修修了書」を受け取ります。

福祉用具専門相談員の受験資格

  • 福祉用具専門相談員として2年以上の実務経験
  • 福祉用具関連の業務に2年以上の従事している介護支援専門員または建築士
  • 福祉用具関連の業務に2年以上の従事して、特に研修受講の有効性を認められる者

 

まとめ

福祉用具プランナーは、介護業界で求められている福祉用具の相談実務業務をする専門的な資格です。

専門的な知識を保有する人が少ないため、これから増えていくと見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*