社会福祉士になるには?|資格取得からキャリアパスの全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

社会福祉士は、ソーシャルワーカーやケースワーカーと呼ばれる高齢者や障害者や児童などを対象に、様々な理由があって日常生活が困難な人の相談に乗って安定した生活ができるようにサポートする仕事です。

介護の仕事としては、相談援助業務を行ないます。

社会福祉士の資格とは

分野 相談援助
関連する法律 社会福祉士、介護福祉法
問い合わせ先 公益財団法人社会福祉振興・試験センター

社会福祉士は国家資格です。

現在では多くの介護保険施設や病院の相談業務に関わる人が取得して相談援助職として活躍してます。

もちろん資格を持たなくても相談援助職として働く事は可能ですが、資格を持つ事が一定レベル以上の専門能力をもつ証明になります。

職種により社会福祉資格保有者を職員としておく事が条件の企業も多いため、資格を持つ事で就職や転職などあらゆる場面で有利に働きます。

 

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は相談援助の専門家です。

介護保険施設では生活相談員や支援相談員として働き、介護計画から日常の生活を送ることが困難になった人の家庭復帰、社会復帰の相談まで幅広い業務内容です。

病院では医療ソーシャルワーカー(MSW)として入院している人の様々な相談を受けて解決します。

困っている人に対して最適な答えを出して解決するのが社会福祉士の仕事です。

 

社会福祉士が働く場所

主に働く場所は介護保険施設や社会福祉施設や民間の福祉関連事業所、病院などの医療機関が中心ですが、多岐に渡ります。

行政機関の場合は公務員として勤務します。

  • 介護保険施設
  • 障害者福祉施設、障害者関連施設
  • 児童相談所
  • 母子生活支援施設
  • 地域包括支援センターなどの相談窓口
  • 社会福祉協議会
  • 病院や診療所等の医療機関
  • 保健所
  • 市町村役所

などがあげられます。

社会福祉士の将来性

様々な相談支援を受け持つ社会福祉士の役割は多岐に渡ります。

高齢化社会になるこれからのニーズはどんどん高まっていくので将来性はどんどん高くなっています。対象は高齢者だけではなく、特に最近多い相談は、DVや児童虐待です。

これらの社会問題に関する相談業務も社会福祉士の仕事ですので、より幅広い知識と専門性が求められます。

そのため資格を取得して幅広い知識を持つプロフェッショナルになる事で、就職に困る事は考えにくいでしょう。一方でその幅広さから様々な業務を兼務する社会福祉士が多く、給料と見合った業務内容ではないのが現実です。

これから様々な支援や補助金、資格手当などによって給与面を賄ってもらいたいという社会福祉士が多いのも現状です。

 

社会福祉士になるには

通学・研修 必須(夜間・通信制可)
実務経験 指定科目が修了できる4年生大学卒業なら不要。短大卒などは必要。
認定試験 国家試験
合格率 平成26年度:27%

social-worker-chart01

社会福祉士になるには、4年生大学卒業程度の専門知識と技術が必要で福祉の資格の中では取得が大変な資格と言えます。

一般的なルートとしては、福祉系大学などで社会福祉士養成の学科・コースで4年間学んだ後に、「社会福祉士国家試験」に合格するルートが一番多いです。

福祉系大学とは、指定科目または基礎科目を習得出来る学校のこと。学校の範囲は下記の4つ。

  • 大学
  • 大学院への飛び入学
  • 大学院
  • 専門学校(4年以上の専門課程)

2年制、3年制の短大などに進む場合は、卒業後に指定施設で1年以上の相談援助の実務を行なった後に国家試験を受験する事が出来ます。

どの進路に進んでも4年間の経験や勉強が必要になります。

 

相談業務として認められない職種

社会福祉施設や病院・診療所の次の職業は相談業務としては認められていません。

  • 医師、看護師、准看護師、看護補助者、看護助手
  • 介護職員、作業指導員、訪問介護員(ホームヘルパー)
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの機能訓練担当職員
  • 調理員、事務員、運転手

精神保健福祉士と同時受験がしやすい

国家試験の際の単位や科目が一部共通のため、精神保健福祉士との同時受験をする人も多くいます。

どちらかを取得した後に目指す場合でもどちらか合格している場合には共通する科目は免除されるので取得しやすい。

 

社会福祉士に求められるもの

豊富な知識

相談者は様々な悩みを相談してきます。その内容は様々です。

そのため社会保障に関する法律や各種制度、施設の利用方法などをアドバイスできる豊富な知識が必要になります。

対人コミュニケーション能力

困っている人の相談に乗るには色々お話しして内情を理解する必要がありますのでコミュニケーション能力は必須です。特に必要な事は困っている事を『聞き出す力』です。

緊急を要する相談の場合等は特に全ての情報を話してくれるとはかぎらないため、相談者の家族も含めた会話力が問われます。

その他は、問題点を整理する力や解決策を探る創造性も問われます。

 

まとめ

社会福祉士は介護福祉に関する様々な相談業務なので福祉に関する深い知識が必要です。

相談者本人や周りの家族が抱える問題を理解して、人権の尊重や自立支援の事を第一に考えられる人間性も重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*