認定社会福祉士になるには?仕事や役割を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

認定社会福祉士は、社会福祉士のキャリアアップ的なポジションにあたる資格です。

社会福祉士のさらなる専門性を高めるために2012年に設立され現在では200人以上がこの資格に該当しています。

認定社会福祉士の資格とは

分野 相談援助
関連する法律
問い合わせ先 認定社会福祉士認証・認定機構

認定社会福祉士は、国家資格である社会福祉士の上級にあたる資格・認定制度です。

「認定上級社会福祉士」に関しては社会福祉士として5年以上の相談援助実務経験が必要です。

キャリアを積んだ社会福祉士が第三者機関である「認定社会福祉士認証・認定機構」によって「障害」「高齢」など分野ごとに認定されます。

介護に関する高度な専門知識と熟練した技術を持っている証明にもなります。

 

認定社会福祉士の仕事内容

資格保有者は現在働く相談援助部門でリーダー的な役割を果たし的確な相談援助をしていきます。

通常の業務に加えて、職場内での実習指導や職場内の連携・コーディネートなど全体を意識したリーダーとして働きます。
また多職種と連携し、様々な困難な相談にも援助を実践出来る能力が求められます。

 

認定社会福祉士が働く場所

社会福祉士と同じ相談援助機関全般で働く事がほとんどです。

  • 介護保険施設
  • 障害者福祉施設、障害者関連施設
  • 児童相談所
  • 母子生活支援施設
  • 地域包括支援センターなどの相談窓口
  • 社会福祉協議会
  • 病院や診療所等の医療機関
  • 保健所
  • 市町村役所

などがあげられます。

 

認定社会福祉士になるには

通学・研修 必須
実務経験 必要
認定試験 なし
合格率 20~30%
  • 社会福祉士の資格
  • ソーシャルワーカーの職能団体の正会員
  • 社会福祉士資格を取得後の相談援助実務経験5年以上で施設に勤めている、また実務経験が複数の分野の場合には5つの認定分野で2年以上の職務経験
  • 定められた経験項目に付いて「個別レベル」「地域レベル」「組織レベル」のうち1つ以上での実績
  • スーパービジョン実績を含む認められた機関での研修終了

5つの認定分野

  • 高齢分野
  • 障害分野
  • 児童・家庭分野
  • 医療分野
  • 地域社会・多文化分野

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

認定社会福祉士の資格は資格を持つからといって給料が上がるといったものではありません。
あくまで制度として上級に位置する認定資格です。

さらにステップアップへの道としては、認定上級社会福祉士があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*