社会福祉主事になるには?仕事や役割を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

社会福祉主事は、行政の中で福祉サービスに関わる相談業務をする仕事です。

公務員として働きますが、それ以外にも様々な福祉関連部署で働けるため多く求められている介護職です。

社会福祉主事任用の資格とは

分野 相談援助
関連する法律 社会福祉法など
問い合わせ先 厚生労働省

社会福祉主事は任用資格で、国家資格ではありません。

社会福祉主事任用資格は、社会福祉主事になる為の資格です。これは社会福祉の資格の中でも最も古い資格に位置づけられています。

社会福祉主事になるには社会福祉主事任用資格が必要になりますので、社会福祉主事を目指す人にとっては、この社会福祉主事任用資格が最低限必要な基準となります。

つまり社会福祉主事にならないなら正式には必要ないものといえますが、持っている事で介護に関する一定の知識と技術があると認められる資格です。

また、同じ相談業務である社会福祉士精神保健福祉士の資格をもっている場合は、社会福祉主事任用資格を持っていると見なされますので改めてとる必要はありません。

 

社会福祉主事の仕事内容

社会福祉主事とは、生活保護法や児童福祉法に基づいて、公務員となって福祉関連部署で働きます。
該当者の更生や援助を福祉事務所などで行なうケースワーカーなどが該当します。

最近は公務員のためだけの資格ではなく仕事内容は多岐に渡り、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う相談員や生活指導員を目指す方にとっては有利な資格です。

 

社会福祉主事が働く場所

福祉事務所には社会福祉主事の配置が義務付けられているため、福祉事務所で働くケースが多いですが活躍出来る職場はかなり多いのも特徴です。

    • 福祉事務所(ケースワーカー、査察指導員など)
    • 児童相談所
    • 社会福祉施設(相談員)
    • 老人福祉施設の生活相談員
    • 障害者施設の生活支援員

 

社会福祉主事になるには

通学・研修 必須(夜間・通信制可)
実務経験 不要
認定試験 なし
合格率 未発表

social-welfare-officer

大学を卒業

社会福祉主事任用資格のルートは多くありますが、一般的なルートとしては、大学などで指定科目を3科目以上履修して卒業する方法です。

ただ必要な科目というのが年によって変わる為、卒業年度を考えて履修科目を確認しなくてはなりません。また現在在学中の方の場合は卒業までに指定科目を修了させなければいけません。

注意点として大学には短期大学は含まれますが、専門学校は含まれません。

専門学校で資格を取るには、社会福祉主事の指定養成校を卒業しなければなりませんので入学前に確認しましょう。

指定養成機関や講習会を受講

次に多いのが、厚生労働省指定の養成機関や講習会を受講するルートです。

ですが短期間の講習会などは主に現在福祉の仕事に就いている人が対象になっています。

通信で夜間大学、又は通信教育科

現在福祉の仕事をしていない人は通信制または夜間の福祉系大学に入って指定科目を履修するルートがあります。

この場合は社会福祉士の国家試験資格が取得できる福祉系大学に通えば、卒業するだけで社会福祉主事任用資格は取得出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

社会福祉主事とよく比べられる社会福祉士と仕事内容は大きな違いはありません。

ですがそのままステップアップへの道として社会福祉主事が社会福祉士を目指すケースが多くみられます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*