介護福祉士の男性と女性のデメリットや違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士は女性がまだまだ多いですが、男性介護士も増えている現実があります。
では男性と女性が介護職につく場合のデメリットはなんでしょう?

デメリットにおいても男性と女性では特徴に違いがみられます。

メリットについてはこちらで記事にしていますので参考にどうぞ。
介護福祉士の男性と女性それぞれのメリットや違いとは?

女性介護福祉士のデメリット

結婚による業務制限を嫌う施設もある

女性の介護士は仕事が結婚に左右される事が当然あります。

女性は結婚したら家庭に入るという図式は今ではもう古いので、結婚をするにあたって退職する人は以前よりかなり減ったかと思います。しかし、夫の仕事の都合や住む場所で退職を余儀なくされる場合もあり、おめでたいことですが施設としては痛手になります。

若い女性ならば妊娠することにより業務が制限されたり、産休に入る際に職員が不足するという事態が起こってしまいます。

妊娠や子育て中だと大変

介護の仕事は体を使う業務がほとんどの為、事務職とは違い出産を控えた女性には厳しい業務になります。

お子さんが小さい場合も、学校行事や急な発熱などで早退や仕事を休まないといけない事もしばしばあり「子供が大きくなるまで介護の仕事を離れる」人もいるのではないでしょうか。

女性にとっては激しい業務の介護職

また体力面でも男性より劣るため、自分より大きい高齢者の移動や移乗、夜勤業務が過酷なのは間違いありません。

そして長年勤務し、ある程度の年齢になったとしても、役職に就くのを嫌がる人が多いのも女性ならではのように思います。

 

男性介護福祉士のデメリット

女性の介護の手助けがしにくい

介護を必要としている高齢者のほとんどが女性の為、男性介護士は女性に好かれる事が多少なりとも必要となってきます。
中には「ガンとして男性に心を開かない」高齢者が必ず何人かいます。

介護の仕事では排泄介助や入浴介助が仕事の多くを占める為、女性に嫌がられてしまっては仕事になりません。
そんな時は女性職員と交代するしかないのです。

家事業務が苦手な人が多い

また、場合によっては、食事作りや掃除など「家事業務」を行う必要があり、家事が苦手な男性はとても苦労します。
もちろん女性でも苦手な人はいますし、男性でも得意な人はいます。

結婚しにくい給与事情

そして一番男性職員が困ることは介護職の給料が安い事です。
どんなに待遇が良い施設でも上限があります。

結婚して一家を養っていこうと思うと、介護職ではギリギリの生活を余儀なくされる事が考えられます。

実際には結婚しても共働きでの生活を考えていくべきでしょう。

なぜ男性介護福祉士が増えているのか

男性の介護士は女性の介護士より体力の点で勝っているというメリットがあります。

力が必要な介護の現場では男性の活躍の場は多分にしてあり、女性がなんとか行っていた力仕事や夜勤業務も男性ならば出来ると考える施設も増えでいるのです。

また家庭の事情で急に休むことが多い女性に変わって、ピンチヒッターとしても男性は重宝されつつあります。

そして施設管理者や事務長、主任などの役職にも男性は向いています。

男性も女性も、お互いが不得意とする分野を引き受けることでバランスが取れつつあるようです。

 

まとめ

介護の現場では以前は女性職員しか見当たらなかったのに対し、今では男性職員もよく目にするようになりました。
女性のように柔らかい印象の喋り方でお年寄りに人気のある介護士も目にします。

しかし、女性と男性の役割には全く違う面があるのも事実です。

これからの介護の現場では、男性も女性も「お互いの力が発揮でき、デメリットは補い合える」そんな職場作りをすることが重要になってきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*