主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)になるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)は、ケアマネージャーより一段上の上級資格です。
簡単に言うと相談介護のエキスパートと呼べる存在になります。

主任ケアマネージャーになるにはどうすれば良いのか?をご紹介します。

主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)の資格とは

分野 ケアマネジメント
関連する法律 介護保険法
問い合わせ先 各都道府県

主任ケアマネージャーの資格は、平成18年度の介護保険改正と同時に生まれたケアマネージャーとしての資質や専門性の向上を目指して作られた資格です。

現場でのケアマネージャーヘの助言や指示を与えるチームのリーダー的存在です。
資格をとるには、ケアマネージャーの資格と実務経験が必要で、福祉資格の中ではかなり難しいとされる資格です。

 

主任ケアマネージャーの仕事

主任ケアマネージャーの仕事は、常に適切なケアマネジメントを判断・提供し、医療サービスとの調整などケアマネジメント業務の十分な知識と技術・経験が求められます。

新人ケアマネージャーの育成から、ケアプラン作成時のケアマネージャーへの支援や相談。または交流会を開いてスキルアップを促すなどまさに地域のケアマネジャーのまとめ役としての活躍を見込まれています。

 

主任ケアマネージャーが働く職場

地域包括支援センターには主任ケアマネージャーかそれに準ずる人、そして特定事業所加算を取得する事業所には主任ケアマネージャーを配置する事が義務づけられています。

必ず必要になってくる存在のため、資格を持っているだけで様々な場所で活躍出来るでしょう。

    • 居宅介護支援事業所
    • 地域包括センター
    • 特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設
    • 介護老人保健施設
    • 介護療養型医療施設

転職にも有利な資格で、資格取得後の研修を行っている自治体も多いため積極的に活用しましょう。

 

主任ケアマネージャーになるには

通学・研修 必須(研修受講)
実務経験 必須(条件によっては3年又は5年)
認定試験 なし

受験資格

一定の実務経験や研修受講の条件を満たした後、主任介護支援専門員研修を受講する必要があります。
受講対象者は下記のうちどれかの条件を満たさなければなりません。

主任介護支援専門員研修の受講対象者

  1. 専任の介護支援専門員として従事した期間が、通算して5年(60か月) 以上
  2. ケアマネジメントリーダー活動等支援事業の実施及び推進について(平成14年4月24日老発第0424003号厚生労働省老健局長通知)に基づくケアマネジメントリーダー養成研修を修了した方で専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して3年 (36か月) 以上
  3. 日本ケアマネジメント学会が認定する認定ケアマネジャーで、専任の介護支援専門員として従事した期間が3年 (36か月) 以上
  4. 介護保険法施行規則第140条の52第2号のハに規定する主任介護支援専門員に準ずる者として、現に地域包括支援センターに配置されている方

※地域によって若干条件が変わってくる事もあります。

研修の実施方法は、地域によっても異なりますが、1週間程度の期間をあけながら座学と演習など約10日間実施されます。

 

主任ケアマネージャーの将来性

この高齢化社会に進む中で将来性は介護資格の中でも非常に高い将来性があります。

実務経験と知識、技術を持つ証明となる資格と見られます。

高い知識と経験を持つケアマネージャー自体が現在は少なく、施設に必要な資格保有者の求人倍率は5倍程とされています。

 

まとめ

主任ケアマネージャーは介護職の相談援助業務として自身のキャリアアップの為に目指すべき資格でしょう。

厚生労働省は主任ケアマネージャーのカリキュラムを変更している最中でまだまだ、毎年変わっていく可能性もあります。

更新時にも研修が予定されているので、毎年確認した方が良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーを目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*