精神保健福祉士になるには?仕事や役割を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

精神保健福祉士は、精神障害者を対象にして社会復帰への助言や指導を目的として様々な相談に乗る仕事です。

うつ病などのメンタルケアの重要性が高まって社会問題になっている現在、ニーズが高い仕事です。

介護の仕事としては、相談援助業務を行ないます。

精神保健福祉士の資格とは

分野 相談援助
関連する法律 精神保健福祉法
問い合わせ先 公益財団法人社会福祉振興・試験センター

精神保健福祉士の資格は、国家資格です。

健常者、高齢者問わず、精神上の障害がある人の社会復帰や社会参加を支援するために作られた資格です。
資格を持たなくても精神保健福祉士の仕事をすることは可能ですが、資格を持つ事が一定レベル以上の専門能力をもつ証明になります。

最近に傾向としては介護現場ににプロフェッショナルな専門家を置く傾向にあり、条件として資格の有無を問われる事が多いです。

 

精神保健福祉士の仕事内容

精神保健福祉士は精神障害者やメンタルに障害を持つ人の相談援助の専門家です。

精神障害者の長期入院や、精神上の障害がある人の社会復帰の手助けとなる相談援助をするのが精神保健福祉士の仕事です。また、医師や臨床心理士などと連携して業務を行ったり、各種行政機関で手続きなども仕事の一部となります。

精神保健福祉士の仕事は、昔は精神障害者やその家族との相談業務が中心でしたがかなり幅が広くなっています。

病院では精神医学ソーシャルワーカー(Psychiatric Social Worker)とも呼ばれ、入院している障害者やその周りの家族から様々な相談を受けて解決します。

 

精神保健福祉士が働く場所

主に働く場所は精神障害者福祉施設が多いですが、介護現場や児童福祉施設など多くの分野でニーズがあります。

    • 精神障害者福祉施設(精神障害者福祉ホーム、精神障害者授産施設)
    • 医療機関(精神病院や総合病院の精神科、メンタルクリニック)
    • 精神障害者社会復帰施設
    • 保健所・市町村の保健センター
    • 児童養護施設
    • 精神保健福祉センター

そのほか、数は多くないですが特殊学校に在籍したり企業で働いている精神保健福祉士もいます。

これらの職場で働く場合は、精神保健福祉士の資格を採用の条件としている職場がほとんどです。

精神保健福祉士の将来性

社会的に心の問題を抱えた人たちの社会復帰を手助けしようとする働きは国家レベルで強まっています。

特にうつ病などの心の問題も大きく取り上げており、メンタルケアは企業の中でも高まっているので民間企業でのニーズも高まっています。

障害者に寄り添った精神的なケアが出来る精神保健福祉士は、今後も活躍の場は広くなっているのが現状です。

 

精神保健福祉士になるには

通学・研修 必須(夜間・通信制可)
実務経験 指定科目が修了できる4年生大学卒業、社会福祉士登録者なら不要。
短大卒などは必要。
認定試験 国家試験
合格率 平成26年度:61.3%

psychiatric-socialworker_chart

社会福祉士とともに、精神保健福祉士の資格は介護の資格の中では取得しづらい資格とされています。

一般的なルートとしては、最短ルートである指定科目を開講している福祉系大学で4年間で履修後に国家試験を受験するルートです。学校に行くだけで資格がもらえるため現役高校生は多くがこのルートです。

2年制、3年制の短大などに進む場合は、卒業後に指定施設で1年以上の相談援助の実務を行なった後に国家試験を受験する事が出来ます。

大学や短期大学と書いてある部分は、高等学校専攻科や専門学校なども含まれます。

どの進路に進んでも4年間の経験や勉強が必要になります。

 

社会福祉士と同時受験がしやすい

国家試験に必要な単位や科目が一部社会福祉士と共通のため、共通科目は社会保険福祉士と一緒に受験出来ます。

また、社会福祉士の資格を持っている場合は共通科目が免除されるため、短期養成施設(6ヶ月以上)を修了すれば国家試験受験資格が得られます。
そのため、社会福祉士に合格した後に介護の幅を広げる為に精神保健福祉士を目指す方が多いです。

 

精神保健福祉士に求められるもの

対人コミュニケーション能力(聞く力)

通常の介護相談とは違い、精神上の障害がある人には様々な背景があって千差万別です。

一番重要なのは家族や周りの話を聞いて、何を求めているのか会話をしながら理解してあげる聞く力が求められます。

判断力

精神的な障害の場合は、日常生活から仕事などの社会復帰まで、悩みは多岐に渡る事が予想されます。

まず最初に何をするのがその人や家族にとっていいのかを判断する力が求められます。

忍耐力

サポートはじっくり時間をかけて行う場合がとても多いです。
解決法が見つかる、そして簡単に解決する問題はほとんどなく、時間をかけて援助していく事がほとんどなため粘り強さも求められます。

 

まとめ

メンタルケアは現代社会に置いて、高齢者のケアと共にとても重要な社会問題です。

また、院と社会との間で生活している場合が多い精神障害者の為に、生活訓練施設などの社会復帰施設が増えて来ていて多く求められている職種です。

様々な職場でサポート出来る精神保健福祉士は今後増々求められていく仕事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*