介護福祉士の必須資格になった介護職員実務者研修とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護職員実務者研修は2013年から新設された研修制度で、介護職員初任者研修とにていますが上位資格です。

以前までの介護職員基礎研修、ホームヘルパー1級と統合されたもので誰でも受講出来る研修です。

介護職員実務者研修の資格とは

分野 介護
関連する法律 介護保険法
問い合わせ先 地方厚生局

厳密に言うと介護職員初任者研修と同様に資格ではありませんが、厚生労働省大臣が定めた基準に基づいた指定事業者が研修を実施する為、公的に認められている資格となります。

この介護職員実務者研修を受ける事で、介護についての一定レベルの知識や技術があると見なされます。

また介護職員初任者研修は、「介護福祉士」になるためのステップアップにもなる研修です。

 

介護職員実務者研修の3つの必要性

介護福祉士を受験するために必須

平成29年1月の介護福祉士国家試験から必須研修になり、受けていないと受験する事が出来ません。(以前までは介護福祉士になる要件には導入されていませんでした。)

介護には3福祉士といい、介護福祉士・精神保健福祉士・社会福祉士という国家資格があります。

この中で受験要件として大学を卒業していなくても良いのは介護福祉士だけですが、学校に通わずに介護福祉士として登録するには、介護の実務経験が必要です。

週休2日で働いている場合は3年の実務経験で受験する事が出来ますが、これに最近追加されたのが実務者研修です。

つまり3年の実務経験に加えて、この研修を終了すれば介護福祉士国家試験の受験資格が得られます。

参考記事:介護福祉士の役割と仕事

これから介護福祉士を目指す方にとっては新しい要件が出来た事を懸念しますが、しっかりとした知識と技術が身に付くので、実務者研修修了を導入した事は良い流れです。

 

サービス提供責任者になれる

サービス提供責任者の業務を行うには、「介護福祉士」や「介護職員基礎研修」などの資格が必要ですが、介護職員実務者研修を修了していれば、サービス提供責任者になることが出来ます。

サービス提供責任者とは

現場に入り作業する事もありますが、基本的にはケアマネージャーが作成するプランに基づいて、訪問介護に関する様々な計画書をまとめたり指導をする管理責任者にあたります。

介護士と他のスタッフなどを連携させる責任者でもあります。

その内容は一定時間数の座学と吸引や経管栄養等の講習を受けるものです。座学に関しては無資格の場合と初任者研修の修了者の場合で時間数が100時間以上違います。

 

医療行為とされた吸引や経管栄養を学べる

護職員実務者研修を受ける事により、医学知識や医療制度についても学ぶことができます。

また、たん吸引や経管栄養(点滴)も実地訓練により学ぶ事が出来ます。

医療行為を介護職にも認める事で、介護現場で発生しやすい危急時に直ぐ対応する事が可能になりました。

今までも介護職でも吸引や経管栄養を扱う事を認められましたが、これには但し書きがあり一定の研修を修了する事が必要です。実務者研修はこの一定の研修に当たります。

一言で介護と言っても様々なサービスがありますが、サービスによって人員の配置やハード面では居室の広さが何平米以上等細かく満たさなければならない基準が定められています。

医療行為とされていて、介護職には認められていなかった痰の吸引と経管栄養ですが、サービスの種類によっては医療行為を提供することが出来る医師・看護師が施設や建物内におらず提携しているだけで良いものがあります。

しかし吸引が必要である場合というのは食べ物や痰が詰まり血中の酸素濃度が低下している場合です。急を要する緊急時に提携先に連絡し到着を待っていては助かったかもしれない命が助からなくなるケースもあります。

経管栄養にしても、経口摂取が困難になり経管栄養を導入せざるを得ない状況になった時に介護職が扱えるようにした事で、経管栄養が必要な事を理由に退所しなければならない事態を避け、要介護者(特に認知症患者)のリロケーションダメージを防ぐ事が出来ます。

 

介護職員実務者研修の資格の取り方

通学・研修 必須(夜間・通信制可)
実務経験 不要。
認定試験 なし
合格率 8割以上(正式な数値は未発表)

資格をとるには、介護系資格の有無や実務経験は必要ないため誰でも受講が可能です。

様々な事業者が実施しているため、土日に受けられたり夜間制、通信制などもあるのでどのような方でも受講出来ます。通信制の場合、一部の科目では多少の通学も必要です。

介護の資格の中には認知症介護実践者研修や管理者研修など、事業者から申し込まなければならないものもありますが、介護職員実務者研修は民間の業者が提供している研修のため、事業者から申し込まなければならないという事もありません。

研修を受ける為にしなければならない事は、研修を実施している業者に受講を申し込み受講料を払うだけです。

厚生労働大臣が定めた基準に基づいた事業者による6ヶ月以上(450時間)の研修を受講しするだけで取得する事ができます。

 

資格を持っていれば一部研修が免除されます

介護職員初任者研修、訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1〜3級)、介護職員基礎研修、その他の全国研修(認知症介護実践者研修など)の受講者は受講した研修に応じて実務者研修の一部が免除されます。

持っている資格 研修時間 免除される時間
なし 450時間 0
ホームヘルパー3級取得者 420時間 -30時間
ホームヘルパー3級取得者 320時間 -130時間
ホームヘルパー3級取得者 95時間 -355時間
介護職員基礎研修取得者 50時間 -400時間
介護職員初任者研修 320時間 -130時間

 

まとめ

実務者研修は受講要件が無く、誰でも受ける事が出来ます。

需要が増える事が見込まれる介護業界で、介護の知識と技術の保有が証明出来るので、介護業界において就職や待遇改善の交渉にも使える材料となるものです。

サービス提供責任者にもなれるため、給料アップにもつながる資格と言えます。

介護福祉士を目指すなら早めに受講しておいた方がいいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*