デイサービスやグループホームで障害者支援をする介護福祉士に聞いてみた介護の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

障害者福祉に関わり10年の斉藤雅敏さん(仮名)に介護業界のインタビューをご紹介します。

介護福祉士の資格をとり、現在は社会福祉士取得目指して勉強中です。

介護業界に入ったきっかけや、デイサービスやグループホームでの仕事内容など介護業界を目指す方には参考になる内容を語って頂きました。

現役介護士インタビュー

この仕事に就いたきっかけを教えてください。

大学の専攻は福祉関連ではなく、ボランティアサークルで障害者支援に関わったのが、この道を選ぶきっかけになりました。

身体・知的障害の方々の生活支援をしながら、介護福祉士試験受験資格の実務経験を満たしたので試験を受け、資格を取得しました。

大学卒業の頃には社会を変えていく可能性に魅力を感じ、いずれソーシャルワーカーとして活動をしたいと思い、まずは介護福祉士として働く道を選びました。

 

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

主に知的障害の方々の支援を行っております。

デイサービスでの生活支援員と、夜間はグループホームでの世話人を兼務しております。
日中・夜共に食事や排泄などの身の回りの介護支援をしながら、生活の質を高めるためにイベントや外出などの企画をしております。

また、本人やご家族と相談しながら、セルフプラン作成のお手伝いや個別支援計画の作成を行い、利用者の自立した生活をサポートするのが仕事です。

 

社会福祉士の資格の取得を考えている理由を教えてください

福祉全般の専門知識を大学で学んでいないので、自分のスキルアップにもつながると思って勉強しています。

また社会福祉士は今後福祉において更に求められてくる人材で、資格をとることにより医療や地域との支援の連携を促進することができるからです。

また、政策提言などの活動にも力を入れていきたいと考えています。

 

現在の職場で資格は活かされていますか?

資格があることで給与手当てがあることと、利用者やご家族に信頼して頂ける要素のひとつになっています。

また、介護福祉士の勉強で得た知識や介護福祉士協会などからの情報を現場に反映することもできます。

 

仕事をする上で心がけている事はなんですか?

利用者一人一人に寄り添い、何を望んで、どんな生活をしたいのかを相手の立場に立って深く考えることです。

障害のある方は、ご自分の思いや気持ちをうまく伝えることが苦手な方が多いので、ご家族や関係者との連携・情報交換は書かせません。

また、言葉だけでなくその方の状態全体を見て、感じて判断ていくことが大事になります。
そして、どうしたら安心して過ごせるかを常に意識しています。

 

この仕事をやってよかったと思う事はありますか?

感謝されたときはやってて良かったと、やはり思います。

また、多様な人と人生に触れることができるので、自身の人としての成長につながっていると実感しています。

 

逆に困った事や大変な事を教えてください

感情労働とも言われますが、日によって利用者の様態は変わるため、対応を日々意識し、変化させなければなりません。

一度うまくいった方法も常に通用するとは限りません。

また、障害の程度によっては命の危険にさらされることもあるので、責任はかなり重く感じます。

 

これからの目標などありましたら教えてください。

社会福祉士の資格取得もそうですが、自身のスキルをあげて、たくさんの方のウェルビーングの一助なれるようにしていきたいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*