介護職員初任者研修の資格とは?4つの必要性も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護職員初任者研修は、介護の仕事をする為に必要な知識や技術を身につけられる初歩的な資格です。

介護に関する基礎的な知識や技術が身につけられるため、仕事以外にも家族を介護する自宅介護などにも役に立ちます。

介護職員初任者研修の資格とは

分野 介護
関連する法律 介護保険法
問い合わせ先 各都道府県

介護職員初任者研修は、研修を受けるだけで正式には資格ではありません。

ですが厚生労働省大臣が定めた基準に基づき、都道府県から指定されている事業者が研修を実施する為、公的に認められている資格となります。

介護職員初任者研修は2013年から新設された研修制度で、ホームヘルパー2級の資格と統合され一元化されたものです。これまでの訪問介護員1級・2級と介護職員基礎研修終了している人は、この「介護職員初任者研修」が終了していると見なされます。

無資格や未経験でも就職出来やすい介護の仕事ですが、採用側とすれば介護職員初任者研修を修了していると基礎的な介護の知識や技術、介護への考え方などが備わっている人物だと認められるという研修です。

なにか介護の仕事をしようと思った場合、取得もしやすいのでまずは介護職員初任者研修を受ける人が多いのも特徴です。研修を受けてから、訪問介護事業所や様々な介護施設(特別養護老人ホームなど)で働いているケースが多く見られます。

在宅介護の仕事などをする場合でも、この研修を受ける事によって訪問入浴なども出来るようになります。

 

介護職員初任者研修の4つの必要性

介護を仕事としていくには、介護職員初任者研修を修了してから始めるか早期に修了する事をお勧めします。
その理由は3つです。

介護の幅が広がり、転職・就職にも有利

一人で利用社宅を訪れる訪問介護や訪問入浴を行うにはこの資格が必須条件である事は大きなポイント。
また転職をする場合でも事業所独自の採用基準として中には面接時に必要な場合があります。

介護職員実務者研修の講習時間が短縮

もう1つの理由は初任者研修を修了していれば、さらにその上の上位資格である「介護職員実務者研修」を目指す場合に講習時間が130時間が免除されるため、実務者研修の壁が低くなります。

ケアマネージャー試験の受験資格の年数が半分に

無資格でケアマネージャー試験の受験要件を満たすには、10年1800日の経験が必要ですが、初任者研修を修了していれば、5年900日に減らす事が出来ます。

ステップアップに必要な時間を半減出来るのは魅力的です。

資格手当がつく

最後の理由は資格手当がつくことです。介護の現場で資格手当が共通して支給されるであろう資格の1つとして初任者研修が挙げられます。

給与が低い業界ですので、数千円でも資格手当の有無は大きいです。知識と技術の獲得に資格手当の有無も含めると十分元が取れます。

 

資格の取り方

通学・研修 必須(夜間・通信制可)
実務経験 不要。
認定試験 評価試験あり
合格率 9割以上(正式な数値は未発表)

資格をとるには、都道府県が指定した事業者が行なう130時間の研修やレポート提出、実地研修をする事で取得する事ができます。

受講に関して要件は特に無く、様々な事業者が実施しているため、土日に受けられたり夜間制、通信制などもあるのでどのような方でも受講出来ます。

通信制の場合でも一部の科目で実地研修として3,4日実際に事業所に赴き介護をしますので、多少の通学も必要です。実地研修は訪問介護事業所と通所介護事業所、施設で行いますが実地研修先は選ぶ事は出来ません。

受講期間は全日制の場合はひと月程でとる事が出来るので取得は誰でも出来ます。最後の修了時に筆記による知識や技術の評価試験を行います。

仮にダメでも補講などがあるため、きちんと勉強していればほとんどの方が修了しています。

 

介護職員初任者研修の資格を取るメリット

  • 介護の基本の知識が得られる
  • 子育てや家族介護と両立して働ける
  • 復職しやすい
  • 活躍出来る場が多い
  • 家族介護に備えられる

また、実務経験が3年以上になると介護福祉士、5年以上の実務経験でケアマネジャーへステップアップが可能になります。

 

まとめ

以前までは、「ホームヘルパー2級」「介護職員基礎研修修了者」などがありましたが、重複して勉強する部分が多くて複雑になっていたので介護業界を目指す人にとっては分かりづらく複雑でした。

制度が変更になることで、 介護職のキャリアパスが整理され、介護業界で働く人たちの目指す方向がわかりやすく簡潔になったといえます。

介護はこの先需要が確実に増える業界ですので、これから介護の仕事を目指す人にとっては介護職員初任者研修は必須の資格と言えます。更新制ではないので、一度取得してしまえばずっと資格者として働く事が出来ます。

仕事以外でも親や祖父母を介護する場面もこれからの高齢化社会には出てきますので、介護の知識を増やしたい、詳しくなりたいという人にもおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*