介護現場で役立つ知識

この転職先大丈夫?ケアマネが面接時にチェックすべき保険制度や損害賠償保険6選

職員が介護サービスを提供している最中に起こった事故や傷害(ケガ)などの、思わぬ事態が起こった時に補償をしてくれる制度があります。

この保険は介護事業者が加入するのですが、しっかりした事業所なのか?などはこれらで判断できる面も多いようですので転職前に確認しておくことが成功する転職の第一歩です。

では、どのような保険制度や損害賠償制度があるのかご紹介します。

 

続きを読む

高齢者とのコミュニケーションを円滑にする声掛けの方法とバリエーション

高齢者介護では身体介護の技術はもちろんですが、高齢者と円滑にコミュニケーションをとる技術が必要となってきます。
高齢者といっても認知症があったり、一人一人性格が違うために声掛けをする時点で距離を取ってしまい、信頼関係をなかなか築けない人もいるのではないでしょうか?

今日は、そんな高齢者とのコミュニケーションを円滑にするための声掛けをまとめてみました。

続きを読む

介護福祉士必見!介護施設での苦情やトラブルと対処法5パターン

介護施設で働く介護福祉士や職員にとって、利用者と同じくらい上手に付き合っていかなければならないのが利用者のご家族です。

ご家族にとってみれば、大切な父母や祖父母が入所しているのですから、普段の業務やサービス内容、入所している家族がどんな暮らしぶりをしているかはとても気になるところです。
時に、介護施設側の対応次第では大きなトラブルにもなりかねません。

では介護施設ではどのような苦情やトラブルが起こりやすいのでしょうか?

例を上げ、対処法も考えてみましたので、介護士やこれから介護職を目指す方も知識として入れておいてくださいね。

続きを読む

1つあれば要注意!介護福祉士が認知症高齢者へのNG対応4選

現在日本では急速に高齢化が進んでいます。

平成26(2014)年10月の段階での高齢化率は26.0%と4人に1人が65歳以上の高齢者です。
75歳以上の後期高齢者は人口の12.5%を占めています。

そして、介護を必要とする高齢者が増えるとともに、認知症患者も急増しているのが現状です。

そこで今日は、介護福祉士が認知症高齢者に対してしてはいけない対応をまとめてみました。

続きを読む

介護福祉士が知っておくべき症状による排泄介助の6つのポイント

排泄介助は、介護福祉士の仕事において最も重要といって良い業務になります。

もちろん、介護福祉士の仕事はどの仕事も重要で、どれひとつとして必要ないものはないのですが、人が人らしく生きるにあたって「食べる」ことと同じくらい「排泄」は大事です。

その為、介護福祉士は排泄介助を正しく行う技術が必要となってきます。

続きを読む

介護福祉士が知っておくべき症状による入浴介助の5つのポイント

介護福祉士の仕事で最も重要な業務の一つに入浴介助があります。

入浴介助は、介護される側にどんな特徴があるか(身体的な介助が必要か、精神的に不安定な部分があるかなど)によって一人一人介助の方法が変わってきます。
知識があるだけでは決してできません。

今日は、そんな入浴介助のポイントについてまとめてみました。

続きを読む