介護福祉士

介護福祉士の資格を持つと転職に有利とされる4つの理由

介護福祉士は国家試験で唯一、実務経験が3年以上あれば誰でも受験資格がもらえる資格です(平成28年度の試験からは、養成施設等における「実務者研修」を修了する必要があります)。

しかし、介護の現場では介護福祉士を持っていなくても働いている人がたくさんいます。

では、時間とお金を使ってでも介護福祉士の資格を取得する事が転職に有利であるといわれる理由をご紹介します。

続きを読む

介護福祉士の男性と女性のデメリットや違いとは?

介護福祉士は女性がまだまだ多いですが、男性介護士も増えている現実があります。
では男性と女性が介護職につく場合のデメリットはなんでしょう?

デメリットにおいても男性と女性では特徴に違いがみられます。

メリットについてはこちらで記事にしていますので参考にどうぞ。
介護福祉士の男性と女性それぞれのメリットや違いとは?

続きを読む

介護福祉士は結婚や子育てしながら働ける職業?

介護の仕事は今とても需要があり見直されていますが、「介護福祉士は大変な仕事だ」というイメージがついてしまっていることも事実です。

中でも介護福祉士を目指し頑張っている中でいざ家庭を持とうとしたとき、結婚や子育てをしながら仕事を続けられるのかどうかはとても重大な問題です。

これから介護福祉士を目指す人にとってはもっとも知りたいところ。現状はどうなのでしょう。

続きを読む

3分で理解出来る介護福祉士が働く3つの職場と具体的な仕事内容

介護福祉士が働く場所といっても形態は様々です。

近年高齢化が進み、介護を必要としている後期高齢者に対して介護をする側の人材が著しく不足していることが社会問題化しています。アベノミクス効果で景気が回復しているといわれていますが、多職種から介護の職場に転職を考える人はまだまだ後を絶ちません。

では、介護の職場とはどんなところなのでしょうか?

続きを読む

介護福祉士になるには?|資格取得からキャリアパスの全知識

介護福祉士はいわゆる皆さんが想像する介護士です。

介護士というと「ホームヘルパー」が思い浮かびますが、ホームヘルパーは公的認定資格ですが、介護福祉士は国家資格となります。

日常生活が困難な高齢者の介護を行なったり、高齢者の介護を行なう家族にも介護指導をして手助けする仕事です。
資格がある事により様々な介護の専門能力があると証明されますので、年々需要は高まっています。

介護の仕事としては、実務介護を行ないます。

続きを読む