あなたはどっち?介護福祉士と社会福祉士どちらが向いているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士と社会福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」を用いて身体上・精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある人の福祉に関する相談に対して助言や指導、援助を行なう専門職で、どちらも名称独占の国家資格です。

実際の業務の違いは何なのか、自分はどちらが向いているのか、わからない人は多いようです。

仕事内容の違いを理解する

介護福祉士の主な業務

身体や精神に障害があり日常生活を営むのに支障がある障がい者や高齢者に対して、その人に合った身体介護を行い、その人の介護者(家族など)に対し介護の指導を行うことが介護福祉士の主な仕事です。

ケアマネージャーが作成した「ケアプラン」をもとに介護業務を行います。

体を使った業務が中心となり、身体介護には専門技術が必要になります。
そして病気や薬に対しての知識も必要になってきます。

主な就業先には、特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービス、小規模多機能、老人保健施設などがあります。

 

社会福祉士の主な業務

社会福祉士は、病気や障害、生活状況などさまざまな理由により日常生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。

ケアマネージャーとも業務内容が似ているように思いますが、ケアマネージャーが、国の介護保険制度に添って介護の必要な高齢者を対象に介護に関する相談援助や、各種介護保険関連の手続きを行うのに対し、社会福祉士は「児童・家庭福祉」「障害福祉」「高齢者福祉」「生活保護」「障害者の就労支援」など福祉のすべての分野で相談業務を行います。

相談内容は多岐に渡り、相談者に適した公的支援や地域のサービスを提案しなければなりません。

病院の「医療ソーシャルワーカー」、介護施設等の「生活相談員」、児童相談所の「児童福祉司」と就業先で呼び名も変わります。

現在は介護施設で「生活相談員」として働く人が最も多いようです。

 

介護福祉士と社会福祉士どちらが向いているか

簡潔に言うと、介護福祉士は介護の実務。社会福祉士は相談業務です。

介護福祉士は、現場で実際に高齢者などの介護や介助を行う人であり、高齢者や障がい者への実際のサポートを行う仕事。

社会福祉士は、介護やサポートを必要としている人にサポートを行う介護福祉士らが働く公的機関や民間施設等を引き合わせる仕事になります。

どちらも人と接する仕事ではありますが、介護福祉士は実際に「サービスを行う」専門性が必要なのに対し、社会福祉士は「人の話を聞き、ニーズを読み取る」力が必要です。

また社会福祉士は、医者や看護師などの他職種の人とも常に連携を取らなければならない為、たくさんの人と信頼を築くことが必要となってきます。

その為人とのコミュニケーション能力は欠かせない要素になります。

どちらも人が好きなことが大前提ですが、

「人のお世話が好きで人の役に立ちたい」人は介護福祉士に向いており、「人が好きで話を聞くこと、コミュニケーションを取ることが好き、人の輪を大事にできる」人は社会福祉士に向いていると言えます。

 

介護福祉士と社会福祉士の資格取得方法から考える

介護福祉士の取得方法

介護福祉士は、福祉系高校を卒業し9カ月間の実務経験を積んだ後受験、又は高校卒業後に福祉系の大学や専門学校を卒業し受験する方法の他に、実務経験を3年以上積んだ後に受験するパターンがあります。(平成28年度(第29回)試験からは、実務経験に加え、養成施設等における「実務者研修」を修了が必須となりました。)

どちらも受験資格を得るまでに学校を出たり実務経験を積む必要がある為、資格取得を考えるのならまず、進学するのかしないのか、何年制の学校に行くのかを早い段階で決めることが大切になってきます。

社会福祉士の取得方法

社会福祉士の取得ルートは様々です。

福祉系の大学や短大または養成機関で指定の科目を学び卒業し国家試験受験資格を得て、国家試験を受験し合格した人が取得できますが、福祉系の4年生大卒者は実務経験なしで国家試験を受験できます。

3年生の養成機関を卒業した場合は実務経験1年、2年制の養成機関卒業者は実務経験2年といったように資格取得にも細かな規定があります。

福祉系の養成機関を卒業せず受験する場合は、4年間の実務経験に加え1年間一般養成施設での受講が必要な為、福祉系の大学を卒業するルートが最も資格を取りやすくなっています。

 

まとめ

同じ福祉分野でも介護福祉士と社会福祉士の業務内容は全く異なります。

自分はなぜ福祉の仕事がしたいのかを明確にして、福祉の分野でどのように働くのが向いているのかに早い段階で気付けば、その分野で最大限の力を発揮できるエキスパートになれるはずです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*