介護福祉士資格試験に最短で合格する為の勉強法と3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士国家試験は、毎年1月の後半の日曜日に全国で一斉に行われます。働きながら介護受験資格を取得し「さあいよいよ受験」という方は、何から手を付けていいか迷うと思います。

そこで、介護福祉士の受験を目指す上での勉強法やポイントをまとめてみました。

正しい教科書や参考書を選び方と勉強法

介護福祉士を目指す上で必要になってくるのは参考書です。専門の学校を出ていない限り、自分で参考書を買って自分でコツコツ勉強しないといけません。

本屋で参考書を購入し独学で勉強する場合、来年の試験向けの参考書が発売されるのは例年通りなら5月~6月頃になります。

もっと早く購入したいところですが、残念ながら1年前の参考書しか売っていません。しかも、毎年春頃にかけて介護福祉士方が改定されることが多いため教科書の内容が変わるのです。

それ以降に教科書を購入し勉強を始めても、今ある教科書で勉強をしておくかになります。

有効なのは講座の受講です。

通学や通信講座などを受講するともっと早くスタートを切れますし、法改正後に改正された部分のみのテキストで勉強する事も可能です。

しかし、5月~6月に勉強を始めれば、翌年の1月の筆記試験には十分間に合います。

一般に売られている参考書の代表的なものの例は、「介護福祉士ワークブック201○年版(上・下)」計2冊などがあります。こちらは毎年「中央法規出版」から出版されています。6月頃からこの2冊に取り掛かるだけでもかなりの勉強内容です。

ワークブックを一通り勉強し終えた秋から冬頃にかけていろんな出版社から「問題集」や「過去問」が発売されるので、そのタイミングでひたすら過去問や問題集を解くとかなりの力が付きます。

リズムを決めて定期的に勉強していく重要性

勉強する時間は、朝が得意な人と夜が得意な人がいると思います。
「1日最低1時間は勉強する」「夜は集中できないので、朝早起きして勉強する」など、自分のリズムを決めて習慣にしてしまうと勉強しやすいです。

試験の日にちが近づいてからの詰め込みや、一夜漬けはおススメしません。

勉強時間を確保する為には

「今年合格する」と家族や周りの人、上司などに宣言してしまうと合格率は高まるそうです。

筆記試験が近づいたら、上司には「絶対合格したいので勉強のためにまとまった休みをください」と言って有休を使わせてもらうのも手です。

それくらいしてでも勉強時間を確保することは大事になってきます。

 

模擬試験や受験対策講座の受講

介護福祉士の筆記試験は教科が多く勉強範囲が広いため、よほど普段から勉強できる人でない限りコツコツ真面目に勉強するしかありません。
ポイントはどの教科もまんべんなく勉強すること、なぜなら「1科目でも0点だと不合格になる」からです。

毎年12月頃になると「介護福祉士 全国統一模擬試験」が行われます。ここで模試を受け、その結果で今の自分のレベルがわかります。

自分の苦手な科目もわかるので、苦手科目を中心に勉強し残りの1か月程で筆記試験に受かるように勉強すると良いでしょう。

それ以外にも、セミナーや受験対策講座などの情報が働いている介護施設に届いているはずですので「受講して対策ポイントを学ぶ」のも効果があります。

 

実技試験受験や免除について

1月の筆記試験に受かると3月に「実技試験」があります。
この実技試験が毎年難問と言われています。

その為、以前までは実技試験が免除になる研修を受ける人も多くいました。

ただし2017年の試験から、実技試験を免除されるためには受験資格として「実務経験3年以上」に加え、「実務者研修」の受講が必要となります。そして実技試験の免除に申請は不要となります。

仮に「実務者研修」を修了できなかった、または予定通り受講できなくても、申請すれば実技試験を受けることができます。申請しないと筆記試験が合格していても、実技試験を受けることができないので要注意です。

また、実技試験を受けることを頭に入れて、介護技術を身に付けることも大切です。普段の利用者様への接し方が試験で出てしまうので、普段の仕事の時から意識しましょう。

実技試験の為の講習も各地で行われますが、「実務者研修」をしっかり受講することが一番近道です。

 

まとめ

介護の仕事をしながら介護福祉士試験を受験する人がとても多いのですが、実際は仕事をしながらの勉強は本当に大変です。せっかく受験するならば「合格する」と決めて、確実に合格できる勉強計画を練りましょう。

そして介護福祉士の資格を取るのは「会社」や「施設」ではなく「あなた」であり、取得した資格はあなたの「財産」になるのですから、自分の為に時間やお金を無駄にすることなく最短で取得できるよう最善を尽くすをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*