介護福祉士の月給やボーナスや手当などの給料事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士という仕事は興味があるけれど、気になるのはお給料。

仕事がきつくて低賃金というイメージが強い介護の仕事、本当のところ給料やボーナス面はどうなのでしょうか?

介護福祉士の月給

介護職の月給は介護施設や地域によって、また働く条件によってもかなりばらつきがみられます。

基本給に夜勤手当や資格手当などの各手当が付き、そこから社会保険料が引かれると手取りで17万~18万円程という人が最も多いようです。

勤続年数1年未満の初任給は、19歳以下の場合

  • 全産業161,500円
  • 福祉施設介護職員(男性)156,200円
  • 福祉施設介護職員(女性)153,600円

20〜24歳の場合は

  • 全産業192,200円
  • 福祉施設介護職員(男性)179,500円
  • 福祉施設介護職員(女性)176,400円

となっています。

平成26年10月27日の社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会資料

もちろん長く勤めれば昇給がある施設もあるでしょう。

しかし実際は基本給自体が低い施設が多いのが現状です。

半面、初任給から18万~19万円もらえる場合や、手当込みで20万円以上という一般の新卒サラリーマン並みの給料の介護職の人もいます。

基本的に介護職は過酷な仕事内容に反して給料が低いのが現状です。

施設形態によって給料が異なるのは当たり前ですが、同じ特別養護老人ホームを取ってみても地域や会社によってばらつきがみられるのも事実です。

 

地域によっての給料格差

介護報酬は地域ごとの人件費の地域差を調整するために地域区分が設定されており、それぞれ介護報酬へ上乗せされています。

その為、都市部と地方では地域加算が最高20%の開きがあります。
簡単に言うと、都市部と地方では給料面に開きがあるということです。

簡単なアンケートを実施した所、東京都内での基本給は18万から20万という施設も有りますが、地方では13万円台という施設も有ります。

都市部は物価が高く家賃なども地方よりは高いですが、地方に行くと車社会となり、車の維持費にガソリン代が毎月かさみ、低賃金で暮らすのがやっとという人もいるでしょう。

格差をつけたことにより地方の介護従事者の賃金は都市部に比べ「安くて当たり前」となっているように見えます。

また、施設経営者からみて地方の介護士は「安く雇える」人材となっているように思えます。

 

介護福祉士の資格による手当は?

介護福祉士資格手当

介護福祉士を取得している場合、資格手当として毎月2,000円~10,000円程の手当てが基本給に上乗せされます。
この金額は施設によって2,000円、3,000円、6,000円、8,000円、10,000円と異なります。

夜勤手当

そして夜勤1回に付き、だいたい5,000~8,000円程の手当てが夜勤をした日数分付きます。
こちらも金額は施設によって変わってきますが10,000円という夜勤手当の施設もあります。夜勤はすればするほどお金になるので「夜勤をたくさんしたい」という人も時々みられます。

ちなみに夜勤手当とは示さず、夜勤を4回する事で20.000円としている施設も有るし、夜勤を1回する事で日給18,000円と表記する場合もあります。

役職手当

その他、役職などがある場合は役職手当が付きます。(役職手当が付く場合、残業代が出ないこともあります)

又、介護師一人(介護福祉士の資格の有無に限らず)に対し約15,000円の介護処遇手当(施設により金額が違います)が毎月国から介護施設に支給されています。

しかし、支給された処遇手当をいつ、そして処遇手当の中からいくら職員に支給するかを施設側が調整することができ、全額職員に渡るとは限りません。

施設を選ぶ場合には確認しておいた方がいいかもしれません。

 

介護士のボーナス事情

介護職のボーナス事情ですが、基本給に加えて考えるととても複雑になります。

普通の会社員同様、夏に給料の1か月分、冬に3か月分が支給される。という施設ももちろん少なくはありません。

問題なのはボーナスそのものが全くない施設があったり、ボーナスはなく寸志がほんの心ばかり出る(具体的には1万円~3万円程度)なんてところもあるということ

また、「入社時はボーナスも退職金制度もあったのに途中でどちらも廃止された」なんて施設もあると聞きます。こうなると本当に働いている側はショックが大きく、先行きが不安になります。

もっとも複雑にしているのは、基本給が高い施設でもボーナスが出なかったり、ボーナスが出ても金額がとても少なかったりと、月々のお給料もボーナスも「両方満足できる」という職場が少ないということ。

その為「基本給が安くても、しっかりと夏冬のボーナスがもらえるから仕事がきつくても頑張っている」という介護士の方もいるのです。

職場を選ぶときは基本給のみでなく「各手当やボーナスがしっかり出るかどうか」も目安にした方が良いでしょう。

 

まとめ

介護職に誇りをもって働きたくてもお給料面で報われない為、最近では介護離れが深刻となっています。

都市部でも場所によっては給料が低い施設もある為、給料が良い施設に人材が流れる現象が起きており、都市部でも地方でも良い人材の取り合いとなっています。

介護職は肉体的にも精神的にも大変で重要な仕事です。

仕事に見合った報酬がもらえるようになれば介護の質も今よりもっと上がっていくでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*