介護福祉士は結婚や子育てしながら働ける職業?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護の仕事は今とても需要があり見直されていますが、「介護福祉士は大変な仕事だ」というイメージがついてしまっていることも事実です。

中でも介護福祉士を目指し頑張っている中でいざ家庭を持とうとしたとき、結婚や子育てをしながら仕事を続けられるのかどうかはとても重大な問題です。

これから介護福祉士を目指す人にとってはもっとも知りたいところ。現状はどうなのでしょう。

女性の介護福祉士が結婚している場合

女性の介護師の場合、お給料面よりも「勤務形態が結婚するにあたっての悩み」という人が圧倒的に多いようです。

夜勤のある職場から、デイサービスなどの日勤帯のみの職場に転職を考える人が多くみられます。それというのも、一般的に家事のほとんどを担っている女性が、早番、遅番、夜勤を続けて行くためには同居している家族の協力が不可欠だからです。

しかし家事に協力的な男性が増え共働きが当たり前となっている今、家族の協力の元、結婚後も変わらずフルタイムで働き夜勤も頑張るパワフルな女性もたくさん見られます。

 

男性の介護福祉士が結婚している場合

介護職と言っても通所型や入居施設、ホームヘルプと様々な形態があり業務内容も異なります。

業務内容が異なると変わってくるのがお給料です。

男性の場合、「同年代の人に比べお給料が安いのが悩み」という人も多いはず。

そして、男性だからと言って女性よりお給料が高くなるわけでもありません。その為、男性の介護師さんは、介護の仕事でも夜勤手当がつく夜勤帯のある職場に就職する人が多いのが特徴です。

しかし夜勤手当などの各手当が付いても他の職種から比べるとお給料はかなり安く、結婚生活を維持するためには夫婦共働きが必要となってきます。

女性がいずれ出産し育児などで働けない期間があることを考えると、貯蓄や人生設計が大事になってきます。介護の仕事をしながら結婚を考えるとき、若い男性ほど転職を考える人が多いようです。

 

介護福祉士を続けながら子育てをする事について

子育てにおいて働き方に大きな変化がみられるのはやはり女性です。

男性介護師は、今よりもっと頑張って資格を取り主任や管理者などの役職を目指す人が出てくるかもしれません。
今よりもっと待遇のいい職場へ転職を考える人も出てくることでしょう。

しかし女性介護師は、まずは産休が終わるころ同じ職場にそのまま復帰していいものか悩みます。復帰するにあたって、子供を保育園などに預けるかお迎えはどうするかなどの問題が出てくるからです。

家族の協力があっても大変なのが子育て。

早番、遅番、ましてや夜勤となると乳幼児がいては、ままならなくなってきます。
そうすると子供が大きくなるまで日勤帯のみの勤務を希望する人やパートタイマーを希望する人などが出てきて、他の職員にその分の負担が行きます。

子供の急な発熱の為、急遽仕事を休むことも珍しくないでしょう。そうなると他の介護職員に何かと気を使うものです。

「子供が大きくなるまでは」と、子供のはつねつ急病や学校行事などで急に休んでも何とか業務が回るデイサービスや日中の空いた時間に働けるホームヘルプを選ぶお母さん介護師が多いのが事実です。

 

まとめ

男性と女性では理由が違うものの、結婚や出産を考えたとき介護福祉士にかぎらず、介護職全体として少なからずリスクがあります。

介護の仕事は本来、人のためになる素晴らしい職業です。
これから介護福祉士になりたいという志のある人達が希望を持てるような待遇改善や職場環境づくりをしてもらいたいものです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*