2分で理解!ケアマネージャーは施設と在宅どっちが楽?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーの働く場所としては、主に施設のケアマネージャーと在宅のケアマネージャーがあります。

介護の仕事は大変というイメージが強いようでよく聞かれるのがどちらが楽か?という質問です。

今回は「施設」「在宅」を比べてみるとどちらの方が楽なのか?をご紹介します。

 

施設で働くケアマネはストレスが少ない

在宅のケアマネージャーは基本的に外の事業所や外の高齢者と関わったり、調整を行うのが主なお仕事内容です。

それに対して施設のケアマネージャーは自分の施設に入所している介護職員や高齢者と関わりますので、外部の人間と関わることはほとんどありません。

その点でいうと、施設のケアマネージャーの方が人間関係のストレスが若干少ないといえます。

 

在宅のケアマネは担当人数が少ない

在宅のケアマネージャーは基本的に35名以下の高齢者を担当しています(場所によってはそれ以上もあります)。

対して施設のケアマネージャーの場合は、1つの施設に対して1つのケアマネージャーしか在籍しておりませんので、場合によっては100名の高齢者を担当している場合があります。

そのため、、担当人数の少ない在宅のケアマネージャーの方が楽だという意見が多いようです。

 

転職前に職場に確認することが重要

施設のケアマネージャーと在宅のケアマネージャーどちらが楽かというのは一概に答えることができません。

基本的にその施設や事業所のやり方によって全く違います。

在宅の場合は担当が少ない所では楽ですが、担当の多い所では在宅にも関わらず50人以上の高齢者を担当することもあります。

また、施設のケアマネージャーでも、ケアプランの作成などは介護職員が原本を作ってくれる場合もありますので、その仕事量は少ないこともあります。しかし、場所によっては全てのケアプランを一からケアマネが作ることもありますので場所によって全く違うのです。

また、人間関係が悪ければ同じ施設で働くケアマネージャーのストレスも多くなります。

 

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーを目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*