ケアマネージャーの残業時間や残業手当はどう?施設・居宅の場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーというと忙しいイメージがあるようですが、ケアマネージャーの残業時間や残業手当はどのようになっているのか気になる人は多いのではないでしょうか?

施設で働く場合、居宅での場合なども合わせてご紹介致します。

ケアマネージャーの残業時間や残業手当

施設ケアマネの残業

施設ケアマネージャーは兼任している場合が多いので、業務時間内に書類整備までできない場合もあります。

各職場により状況は異なるのですが、施設で働く場合は介護職員や看護職員が残っていて自分だけ先に帰宅するのも申し訳ないとサービス残業される方もいらっしゃるようです。

ケアマネージャーの仕事は、自分のペースで行うことは出来ますがあまり仕事を貯めてしまうと自分が後で苦労をすることになるので気を付けましょう。

総合的に施設ケアマネは比較的残業時間は、他の介護職に比べて短いといっていいでしょう。

また、残業手当ですが、付く事業所も全く付くことの無い事業所も様々ですので自分で時間配分をして、就業時間内に終えられるようにしていきましょう。

相談業務などを途中で行うと予定通り進まないこともありますので、余裕をもって自分の仕事の計画を立てていきましょう。

 

居宅ケアマネの残業

居宅ケアマネージャーの場合は担当する利用者の数もバラバラだったりしますので、一概には言えませんが残業になる人も多いようです。

もちろん、居宅のケアマネージャーも自分で計画的に自分の仕事を組み立てていけば時間内に終えることも可能ではあると思われます。しかし、在宅のケアマネージャーの業務は給付管理等月末・月初めに忙しくなります。

また、介護保険更新が重なるとアセスメント・担当者会議と走り回ったり問題が起こったりすると中々帰ることが出来ない日も出てきます。

また、家族の方が夜でないと帰らなかったりされるときに訪問のために残業になる場合もあります。
居宅へ訪問しないといけないので1件1件に時間が取られてしまう面があります。

残業の手当てが付くかどうかは、入職前に面談の際などにしっかりと確認しておきましょう。

特に入職後しばらくは、思ったように仕事が進まなかったりするので仕事がたまらないようにこなしていく必要があります。

残業手当については、ケアマネ手当てに含まれるという就業規則があったりするので貰えていない人が多い傾向がありますが、これも転職前には確認しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ケアマネジャーの残業面は施設によってまちまちです。

ですが、他の介護職に比べてプライベートと仕事の両立が一番取りやすい資格ですので目指す方が多いという傾向があります。

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*