ケアマネージャーの模擬試験のメリットと重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーの資格試験を受けることを決めても、模擬試験については別にいいかなと受けない考えの人も多いようです。

お金もかかるし、会場に行く時間や交通費も掛かると思っている人もいるようですが、模擬試験は受けておいたほうが絶対に良いです。

では、なぜ模擬試験は受けておいたほうが良いのか解説します。

 

ケアマネージャーの模擬試験とは?

中央法規出版などが実施しているのがケアマネージャーの模擬試験。

受講する事で、全問題について1問1ページで解説を読むだけでも理解力が増すことになります。

受験合格率が20%を下回っている狭き門のケアマネージャーを目指す方はセミナー等も利用出来るのでチェックしてみましょう。

オンラインでも申し込めます。

 

模擬試験の会場受験と在宅受験

会場受験の場合

実際に出かけて大勢の中で模擬試験を受験する場合は、本番さながらの雰囲気の中で受験することが出来ます。
すなわち、本番当日の緊張感を解すことにも繋がります。

また、会場受験の場合は講師による解説や講習・講義も合わせて行われたりするので、試験に出やすい所や間違いやすい所を分かりやすく教えてもらうことが出来ます。

自宅で受験する場合と比べて他の事に気持ちが傾いてしまったり、気が散ることや邪魔が入ることもないので、実際の試験の気分で時間配分を行ったりすることも出来ます。

多少値段は高くなってもお勧めしたい大きな理由の1つです。

在宅受験の場合

自宅で時間があるときに受験することが出来るので、時間がなく忙しい人や、会場に遠くて行けない人なども受験することが出来て、受験後、答案を開催者に送りあとから結果が送ってくる形になります。

全国の人の答案を集めて、診断を行います。

自宅で受ける場合にも、自分が全体の中でどの位の順位なのか、どのような分野の問題が弱いのかなど書面で確認出来るメリットもあります。

また、自宅でも実際の試験の予行練習として、試験問題の予測になったり、試験の際の時間配分を調整したりすることが出来るので会場に行くタイミングや時間がない場合には自宅受験をおすすめします。

 

模擬試験のメリット

模擬試験を受けることで、今の自分が知識がどのくらいで、応用力がどのくらいあるのか実力を確かめることが出来ます。

また、実際の試験に近い問題を解くことで自分の苦手分野を知り、今後の特に勉強しないといけない部分を把握することが出来るのです。

ケアマネージャーの試験は問題数も多いので、しっかりと時間配分する必要があるのでその練習にもなりますし、試験問題の予想問題に取り組むことが出来ます。

模擬試験の金額は約5,00010,000円程しますが、合格してケアマネージャーとして働けばすぐに取り戻せますので必要な投資として受験することをお勧めします。

 

まとめ

ケアマネージャーの模擬試験を受ける最大のメリットは「解説書」かもしれません。

また受講する事でチャートやグラフ等で客観的に復習、今後の勉強方針にも反映出来るのも大きなメリットとなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*