ケアマネージャーを目指す上で心がけるべき3つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーは非常に責任感のある仕事です。
介護の仕事全体に言えますが、高齢者のその後の人生を左右することがあります。

適切なケアマネジメントを高齢者に提供するためには、どのようなことを心がけて仕事をしていけば良いのでしょうか。

大事な3つのポイントをご紹介します。

ケアマネ必須の3つの心がけ

行動が早い

ケアマネージャーが対処するのはほとんどが高齢者の問題です。
高齢者の問題に対して解決策を提案して、自立した生活を送れるように支援をしていきます。

そのため、行動が遅くてなかなか行動に出ないケアマネージャーは、高齢者からしてみれば信頼感をなくすことになってしまいます。

高齢者に大しての仕事は特に時間が勝負になる場合が多いです。
行動を早くして早く対処することによって信頼できるケアマネージャーと言えるでしょう。

誠実である

これは対人援助には非常に大切なことです。
特にケアマネージャーはその仕事の性質上、誠実であることが大切になります。

例えば、約束事はきっちりと守ること。

時間を守ったり頼まれたことを行うなど、社会人として基本的なことですが、非常に大切になります。

ケアマネージャーは多数の高齢者を抱えていますが、高齢者からしてみればケアマネージャーは一人しかいません。
信頼してもらえない事には、高齢者も様々な悩みを打ち明けてくれないので、適切なケアプランが作れない事になってしまいます。

その辺りをしっかりと把握して行動をしましょう。

相手の気持ちになって考えられる

ケアマネージャーは自分がしたいケアマネジメントをしていても意味がありません。

相手が本当に求めることを把握して、ケアマネジメントを行う必要があります。
そのため、相手の気持ちに立って物事を考えることが大切です。

例えば、糖尿病を持っている高齢者に対して、食事制限が必要な場合など多々あります。

ケアマネージャーとしては食事制限を行いたいところですが、相手の気持ちを無視して行うことは信頼関係を崩してしまいます。

きちんと説明をして、納得してもらえばそのように進める。どうしても無理なら他のケアプランを考えて提案するといった相手の気持ちを踏まえて行動することが大切です。

 

まとめ

ケアマネージャーとして大切なことは、上記の3つのポイントを押さえておく事が最も大切です。

他にも多々ありますが、大事な3つを心がけましょう。

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*