転職前に考えるケアマネージャーが結婚・子育てしながら働く対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーは圧倒的に女性が多い職種です。
7〜8割は女性が働いています。

そして30代から40代の方が非常に多いという傾向があります。
20代前半のうちは良いですが、30代が近くなってくると結婚や今後の事が気になってきますよね。

女性で資格を取ろうと考えている方、介護職に転職しようと考えているなら最初に考える所です。

ケアマネージャーという職種は結婚や子育てを行いながらも、働ける職業なのでしょうか。

介護福祉士より両立しやすい環境

介護福祉士などの介護の現場で働く職種は夜勤もあるし、仕事も常に忙しい人手不足の問題が昨今叫ばれています。
当然生活は不規則になりがちなので、両立は大変です。

結婚している場合は、家族の協力が不可欠となってきます。

それに対してケアマネジャーは、相談介護にあたる職種なので夜勤はなく、比較的週末もしっかりと休める両立しやすい環境が整っているといえます。

事業所によって待遇が違う

結婚や子育てをしながら働けるのかというのは、事業所の方針によってもずいぶん変わってきます。

基本的にほとんどの事業所は、ケアマネージャーは担当制ですので、子供の発熱などで急に休むことになると非常に迷惑が掛かってしまいます。

事業所によっては子育て中などは担当を付けずに、事務作業に専念してもらうところあります。

また、急に休むことになっても、違うケアマネージャーがフォローをしたりする体制を取っている所もありますので、転職・就職前には必ず質問しましょう。

小規模事業所は働くことが難しい傾向

ケアマネージャーの事業所には様々なタイプがあります。

中でも小規模な人数で経営している事業所の場合は、ケアマネージャーの人数自体が少ないので、結婚や子育てをしながら働くことは難しい傾向にあります。

皆が自分の仕事で精一杯ですので、なかなか難しいのが現状です。

そのため、結婚や子育てを機に違う部署に配置されたり、退職を促されることがありますので注意しましょう。

 

事前に知らせておくことが大切

結婚や子育てをしていても働きたい場合は、直接の上司や面接時に早めに伝えるようにしましょう。

人によってはそういったことを会社に伝えると嫌な顔をされるのではと思う方もいらっしゃるようですが、会社側としてもギリギリに言われるよりも、前もって言ってもらった方が助かります。

ケアマネージャーは、他の様々な介護職の人とも連携して働くので他の人に迷惑がかからないような対応が必要です。

 

将来を考えて働き方を考えておく

また今後のキャリアを変えて働き方を決めておくとスムーズです。

例えば、子育て中の主婦の場合には、手にかかる時期はパート勤務にする。

小学校に上がると子育ては一気に楽になりますので、キャリアを積んでから正社員として働くという将来へのステップを考えておく事でトラブルも起らなくなるでしょう。

 

まとめ

ケアマネージャーは女性が多い職種ですので、結婚や子育ては避けられない悩みとなっています。

事業所によって違いますので、もし転職や就職をこれから行うのであれば、そういったことも事前に確認をしておくことが大切になります。

現在は結婚や出産の予定が無くても、今後は何が起るかわかりません。

パワハラなどに繋がる可能性もありますので、しっかりと誠意をもって伝えることが必要です。

 

関連記事

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*