ケアマネージャーの資格を持つだけで転職が成功しやすい4つの優位性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーは高齢者や介護が必要な方のケアマネジメントを専門とする資格です。

ケアマネージャを取得していると就職は有利になるのでしょうか?
これは資格を取る際に将来性を考えても気になる所です。

この記事では、ケアマネージャーを取得した上で介護系の仕事へ転職することへの優位性についてご紹介していきます。

転職の優位だと思われる4つの理由

プロフェッショナルと認められる資格に

2015年により高い専門性と、地位向上を目的に、ケアマネジャーの受験資格の見直しを行いました。
ケアマネージャー将来性が今後も高くなると思われる5つの理由

そのため、資格を持っているだけで介護の知識と技術を持っていると認められる資格に格上げされています。

無資格者が働いている現状を考えても、専門性の高い資格として介護職のスペシャリストとして資格は認められます。

つまり転職や就職にも非常に有利になるということです。

介護の世界で生きるなら重要な資格

ケアマネージャーは介護保険、ケアプランの専門職としてあります。
そのため、介護保険関係の施設や、訪問介護事業所などで働こうと思うと非常に有利な資格になります。

それが例えばケアマネージャー以外の仕事で転職する場合でも有効です。

訪問介護でも訪問看護でも施設での介護職員でも、ケアマネージャーの資格は幅広い職場を選択出来る資格と言えます。

採用側もメリットが多いので優遇される

例えば、施設にはケアマネージャーは一人配置をしておかないといけません。
そのためケアマネージャーが辞めてしまうと、急ピッチで次のケアマネージャーの用意を施設や会社はしないといけません。

特にケアマネージャーは介護職員と同様に離職率が高い職種ですので、いつ辞めるかわからない不安を持っている施設や会社は多いそうです。

しかし、すでにケアマネージャーを取得している介護職員や看護師などがいるとケアマネージャーに配置換えで対応することができます。

そういう面からもケアマネージャーを取得していると転職先が多く採用側にもメリットが多いため、転職も有利に進みやすいとされています。

選択肢が増える

介護福祉士しか持っていない場合は、転職先の選択肢は自然と現場での介護に限られてきます。
ですが、ケアマネージャーの資格を取得していると相談援助職もカバー出来る為、転職の幅が広がるとされています。

それはケアマネージャーに限らず、社会福祉士などもそれにあたります。

現在介護の現場は人材不足のため無資格でも働ける事業所も多いですが、今後は整備されていく方向です。

私たち福祉従事者は資格で働いていますので、資格を取得しているとそれだけ働く場所が多くなるのです。

 

まとめ

ケアマネージャーはその需要や将来性からこれからの転職には非常に有利な資格です。

もし今後介護の世界で生きていこうと思うのであれば、社会的な認知度や資格による資格手当などの面を考えても、キャリアアップを目指す上でも取得は非常にお勧めです。

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*