この転職先大丈夫?ケアマネが面接時にチェックすべき保険制度や損害賠償保険6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

職員が介護サービスを提供している最中に起こった事故や傷害(ケガ)などの、思わぬ事態が起こった時に補償をしてくれる制度があります。

この保険は介護事業者が加入するのですが、しっかりした事業所なのか?などはこれらで判断できる面も多いようですので転職前に確認しておくことが成功する転職の第一歩です。

では、どのような保険制度や損害賠償制度があるのかご紹介します。

 

保険制度や損害賠償保険6選

個人情報漏えい保険

個人の情報が漏洩した時や漏洩する心配がある時に、この保険に加入していれば被保険者が損害賠償の請求を起こされて、法律上の損害賠償責任として損害賠償金等を支払うことになった際に、各種の支払うことになった損害金について保険者から保険金が下ります。

 

介護事業者賠償責任補償

介護の業務を行う事業者の職員が、利用者に普通では有り得ない過剰な経済的負担をさせてしまったことなどにより、法律上の損害賠償責任として損害賠償金等を支払うことになった際に、損害金について保険者から保険金が下ります。

  • 業務を行っている最中に利用者の身体に傷を負わせてしまった
  • 利用者の物を壊してしまったりした
  • ケアプランの作成を誤った

住宅改修などの説明の仕方が悪く全額利用者の自己負担になってしまったケースで、この賠償責任補償により損害額が全額保証されたという事もありました。

 

傷害補償(介護事業者用)制度

介護事業者に雇われている職員が、自分の家以外で仕事をしている最中に適用される保証制度です。

介護業務を行うために、自宅と職場との間の普段通りの通勤中や、研修会や講習などへの参加中、もしくはその場所と自宅の間の往復中などに、突発的な事故に会って傷害(ケガ)にあったりした時の補償です。

手続きするのが簡単であり、支払いも迅速に行われるので、安心して業務に就くことができます。

 

感染症見舞金制度

この感染症見舞金制度は、傷害補償制度の付随する制度として設けられている制度です。

この制度に加入している事業者で働いている職員が介護の現場で、「感染症」に感染している利用者に対する介護の業務に当たっている中で「感染症」に罹患してしまい、医師による治療を受けたときに、事業者が本人支払うお見舞金を「感染症補償規程」に基づいて補償する制度です。

 

感染症見舞金制度

この感染症見舞金制度は、傷害補償制度の付随する制度として設けられている制度です。

この制度に加入している事業者で働いている職員が介護の現場で、「感染症」に感染している利用者に対する介護の業務に当たっている中で「感染症」に罹患してしまい、医師による治療を受けたときに、事業者が本人支払うお見舞金を「感染症補償規程」に基づいて補償する制度です。

 

純粋経済損害賠償

ケアマネージャーの業務のケアプラン作成・訪問調査などの居宅介護支援業務において、利用者に財産上の損害を与えてしまった事に対する法律上の損害賠償責任を補償するものです。

純粋経済損害が補償の対象となる業務は、ケアマネージャーが行なうケアプラン作成と訪問調査等(居宅介護支援業務)に限られています。

また、ケアマネージャーが介護保険更新認定調査の際に、対人事故や対物事故が発生した場合もケアマネージャーが業務遂行していく上で、具体的な過失によるもであれば、補償の対象となります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後の「純粋経済損害賠償」以外はどの介護職でも起こり得るアクシデントではないでしょうか?

職務中に何が起こるかわからないため、しっかりと保証制度がしっかりしている事業所で働く方が良いですよね。

ですが面接時に確認するのは神経質に思われて嫌だな・・・と考える人も多いようです。

そのような場合には、転職コーディネーターがいるスマイルSUPPORT介護などの転職サイトに登録して面接前に担当の方に確認を取るのが良いでしょう。

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*