ケアマネージャーの有給休暇や休日はどう?具体的なリアルな状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーの仕事はすることも多くて忙しそうなイメージがありますが、転職しようと考えている方や目指している人にはプライベートは重要です。

ケアマネージャーを目人は有給休暇や休日はどうなっているのかをご紹介いたします。

 

ケアマネージャーの有給休暇

有給休暇については、ケアマネージャーの仕事に限ったことではありませんが、各職場によって実に様々です。

個人経営の居宅介護事業所などでは取りにくい所も多いようです。

ケアマネージャーの仕事は、自分ですべてを行わなければならず自分の仕事を他の人にお願いすることは難しい職業ですので、休めば休んだ分だけ自分でしなければならない仕事の終わりが遅くなってしまいます。

つまり普段から業務に追われているケアマネージャーは有給を取る暇がない場合も多いです。

施設勤務の場合は、ケアマネージャーが何人にかいる場合は休みも入れやすく有給休暇を取りやすい傾向があります。
また、長い連休の時などは担当者会議を行わない場合も多いので休むことも出来ます。

居宅勤務の場合は、受け持ち人数により忙しさの度合いも変わってくるので有給の取りやすさも変わってきますので転職する際には、面接時に確認しておきましょう。

研修に有給休暇が使われる場合も

た、ケアマネージャーは資格の更新などの研修も参加せねばならず、1回の研修に4日~7日位掛かります。
これを有給休暇を利用して参加する事業所もあります。

有給休暇を使わず、勤務として扱ってくれる職場やどちらも利用できない場合もあるので、職場によって大きな違いが見られます。

 

ケアマネージャーの休日

ケアマネの場合、休日の予定は自分で自由に組み立てられる場合が多いです。

施設の場合でも居宅の場合でも、担当者会議の日程さえ決めてしまえば比較的休みは取れています。

しかし、居宅勤務の場合は受け持ち人数が多いと就業時間内に仕事が終わらず残業したり、休日に出勤して業務を進めたりすることもあります。

また、特に居宅勤務の場合は家族の都合で夜間や日曜祭日にアセスメントや会議を行ったり、夜間や日曜祭日に急変や緊急の用事等で突然呼び出されてしまうことなどもありますので、施設勤務に比べると融通が効きづらい所もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プライペートと仕事を両立させる意味でも、有給休暇や休日は面接時に確認しておくことが大切です。

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*