ケアマネージャーに向いている人と向いていない人の特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーは介護の仕事の中でも非常に特殊な仕事です。

そのため、毎年多くの方がケアマネージャーとして働いていたが、向いていないと感じて辞めてしまうことがあります。

そうなる前にケアマネージャーとして向いている人、向いていない人の特徴を理解しておきましょう。

 

ケアマネージャーに向いている人

問題点を把握する観察力

ケアマネージャーとして向いているのは、観察力がしっかりとしている人です。

観察力とは介護業界面で言うと、高齢者が本当に困っていることを見抜ける人です。
高齢者は様々な問題点を抱えている場合が多く、介護保険を使用しようと考えている人は、なんらかの問題点を抱えています。

その問題点をケアマネージャーはしっかりと把握しておく必要があります。

高齢者が求めていることを理解する

問題点を把握するためには、高齢者の言葉をしっかりと聞きつつ、言葉にならない部分(非言語的な部分)も把握しておく必要があります。

それをしっかりとしておきませんと、せっかく調整したサービスも役に立たずに高齢者の生活は一向に良くならないことがあります。

しっかりと問題点を把握する観察力を持っている方がケアマネージャーに向いているといえます。

 

ケアマネージャーとして向いていない人

パソコンでの事務作業は必須

ケアマネージャーは意外なほど事務作業が多い仕事です。

その為、事務作業が苦手な人や抵抗がある方にとっては難しい仕事になります。

特に近年ではほとんどの事業所でパソコンを使うことがあり、パソコンが苦手な人には非常に難しい仕事になるでしょう。

ケアマネージャーは高齢者と関わる時間が1とすると、その他事務的な作業が8、他事業所との調整が1という割合で働くほど事務作業が多いのです。

 

まとめ

ケアマネージャーの仕事を理解しましょう

いかがでしたでしょうか?

これからケアマネージャーとして働きたいと感じる方は、是非ケアマネージャーの仕事を理解しておくことをお勧めします。

ケアマネージャーは周りから見ていると楽な仕事だと思われがちなものですが、実際は非常に多忙な仕事になりますのでしっかりと事前に把握しておくことが大切になります。

 

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*