ケアマネージャーが地域包括支援センターで働くメリットやデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーの働く場所として地域包括支援センターがあります。

地域包括支援センターは介護予防の方やそれより元気な方たちに対するフォローなどを行ったり、人権擁護に関する事業や福祉に関する相談を受けたりする事業も行っています。

では、ケアマネージャーが地域包括支援センターで働くのにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

地域包括支援センター事業とは?

地域包括支援センターの主な事業は、地域に密着した4つです。

1.介護予防ケアマネジメント

要支援1・2と認定された人、または要介護状態にはないが支援や介護が必要となりそうな人が自立して生活できるように介護保険などを使い、介護予防の支援、ケアプランの作成などをします。

2.総合相談・支援事業

地域に住む住民からの様々な相談を受けて支援内容を検討・実施します。

3.介護支援専門員(ケアマネジャー)への助言、指導

他のケアマネージャーの活動、ケアプラン、日常的な個別指導や相談、指導

4.包括的・継続的ケアマネジメント事業

担当地域に住む介護が必要な方が暮らしやすい地域にするため、さまざまな機関とのネットワークをつくりながら調整します。

ケアマネが地域包括支援センターで働く4つのメリット

スキルアップに繋がるので転職にも有利

地域包括支援センターでの仕事は、市町村の委託事業となっています。

地域包括支援センターでは同じ職場に必ず主任介護支援専門員、保健師や看護師、社会福祉士もいます。

そのため専門的な知識・視野を持った人たちと一緒に働くことで、自分のケアマネージャーとしての視野を広げることが出来て、スキルアップにつながります。

今後のことを考えると転職にも有利になるという利点があります。

介護全般の情報を幅広く得られる

また、地域包括支援センターは様々な方に向けての勉強会が実施されています。

行政と一緒に地域の一般の人に向けて、または高齢者や認知症を抱える家族などに向けて、更には地域で働くケアマネージャーに向けて、各種介護に携わる人に向けての勉強会などを実施する地域包括支援センターもあるので多くの情報を得ることが出来ます。

やりがいが大きい

地域包括支援センターでは他の居宅からの困難事例や、生活貧困・虐待などの相談も受けます。

そのような事例と向き合っていく事で、問題が達成されていく事で大きなやりがいを感じることが出来ます。

地域に密着した活動ができる

地域包括支援センターは各種の事業を市町村と連携していて、地域と密着して色々な行事などに参加していきます。

そのため地域を盛り上げたりより良くしていく楽しみもあります。

 

地域包括支援センターで働く2つのデメリット

給料が少ない

ケアマネージャーが地域包括支援センターで働くことのデメリットは、多岐にわたる業務の割には準公務員という位置づけもあり、ケアマネージャとしては給料が少し少ないことにあります。

主任介護支援専門員だからと特別な手当てが付くわけではないようです。

経験が必要になる

また、地域医療や地域介護を先導していく立場となったり、他の居宅や地域の方から多くの福祉や介護に関する相談を受けたりします。

そのために介護全般に関する経験も必要となります。

働きたい、転職したい場合には地域の社会資源についてなども詳しく把握しておくとよいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初めての就職や転職をしようと考えている場合には、メリットデメリットを理解しておくことが重要です。

転職を考えている場合には、コーディネーターがいるスマイルSUPPORT介護などの転職サイトに登録して相談から初めてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*