目指す前に知るべきケアマネージャーの5つの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーは介護保険の専門家であり、主にケアプランを作ったり、高齢者のケアマネジメントを生業としています。
そして、ケアマネージャーになると様々なメリットがあります。

ケアマネージャーの仕事の魅力とはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、現在人気の相談介護職であるケアマネージャーの5つの魅力をご紹介します。

 

ケアマネージャーの5つの魅力

人と人をつなぐ仕事である

ケアマネージャーが行う仕事で、サービスを提供する方とサービスを求めている高齢者をつなぐ仕事があります。

訪問介護やデイサービスなどを利用してもらう場合は、ケアマネージャーが高齢者に対してこのような事業所があるがいかがでしょうか?と問い、高齢者が了承すれば利用開始となります。

そのため、ケアマネージャーが高齢者に合ったところを紹介しないと利用開始になりません。

しかし、紹介したところが高齢者にとって非常に合っていれば、生活の質は間違いなく上がりますし、それは非常にやりがいに感じる仕事です。

 

困難を解決する仕事である

ケアマネージャーが関わる方はなんらかの困難を抱えている方がほとんどです。

  • 車いすだから生活がしにくくなった
  • 認知症になって物忘れがひどくなった
  • 家族との関係が悪い

など様々な困難を抱えており、介護が必要な方をケアマネジメントしていきます。

自分が立てたケアプランによって、その困難事が解決されたり、生きがいを持って生活を送ることが出来たりなど、身近にその方の変化を捉えていくことができます。

そのあたりをやりがいに感じている方が多いのです。

 

夜勤が無く、給料が良い

ケアマネージャ-の魅力としては、介護関係の仕事としては比較的給与が良いこと、それに加えて夜勤がないというのが非常に魅力的になっています。

介護士として働いており、低い給料、夜勤などの変則的な勤務が負担に感じてケアマネージャーになったという方が多いです。

通常はケアマネージャーとして勤務する場合は夜勤業務は行いません。

例外として、一部の施設では兼務して夜勤をする場合もありますが、回数は少ない場合が多いです。

また、ケアマネージャーはデスクワークや面談などが基本的な仕事のスタイルになりますので、体力はほとんどいりません。

介護士として働いてきて体力的には限界と感じた方がケアマネージャー担っている場合もあります。

 

体力を使わない

ケアマネージャーの仕事は、相談業務やデスクワークが主なので直接介護を行うことは少ないです。

直接介護にあたっていると、早出や夜勤と時間も変則的で体力を使うお仕事も多いので歳を取るにつれて介護をするのもきつくなります。

夜勤がないと給料が少ない介護の仕事より、頭を使って夜勤なしで良いお給料をもらえるケアマネージャーに魅力を感じる人も多いようです。

 

休みが取りやすい

ケアマネージャーの仕事は、施設勤務であっても居宅介護支援事業所勤務であっても基本的には自分の仕事を自分で計画を立てることが出来るので、他の職種(介護や看護のシフト制)に比べると休みがとりやすいとも言えます。

担当者会議などの予定も他の業種や職種の人が祝祭日休みの場合が多いので、平日に行うことが多くなりますので、祝祭日に休みを取りやすいです。

 

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*