転職前に知っておくべきケアマネージャーの資格手当のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

多くの就職場所ではケアマネージャーの有資格者に対して資格手当を設定している場合があります。
ケアマネージャーの資格手当はどのようなものがあるのでしょうか?

また、ケアマネージャーの資格手当は他の資格手当と比べて高いかなど、これから転職する方や目指す学生には気になるところかもしれません。

ケアマネージャーの資格手当の平均は?

ケアマネージャーの資格手当は開きがありますが、5000円から30000円前後が平均となります。

なぜそれだけ開きが多いのかといいますと、従事する仕事によって資格手当が変化するのが一般的であるからです。

例えば、介護職員として働いてケアマネージャーの資格を取得している場合は、ケアマネージャーとしての資格手当をもらえる場合があります。
違う職種で従事しているが、ケアマネージャーの資格手当をもらう場合は、低い金額になります。

また、従事していない場合は、資格手当自体が無い場合もありますので注意しましょう。

 

居宅介護支援事業所では手当てがつかない?

居宅介護支援事業所は在宅サービスの一つであり、ケアマネージャーが働いています。

ケアマネージャーしか働いていません。

そのため、居宅介護支援事業所ではケアマネージャーだけが働いていますので、ケアマネージャーの資格手当が出ていないという方も多いかもしれません。

だからといって資格手当という形で出ていないだけというケースが多く、基本給に含まれている場合が一般的です。

そのため、居宅介護支援事業所のケアマネージャーは基本給が高いことが多いのです。

もし、転職したり就職して居宅介護支援事業所で働く場合は手当は含まれた基本給なのかを聞いてみた方がいいでしょう。

 

徐々に下がっている傾向にある資格手当

ケアマネージャーの仕事は非常に専門性があり、重要な仕事ですが、資格手当は徐々に下がってきていると言われています。

その理由としては、ケアマネージャーの資格者が増えてきているからです。

特に介護職員として働いている場合にケアマネージャーの資格を取得している方が非常に増えてきています。

そのため、ケアマネージャーの資格手当はケアマネージャー従事者にしか支払われない、支払われるとしてもその資格手当は非常に低いなどの問題が出てきています。

 

まとめ

介護職の中でケアマネージャーは比較的給与は高い方ですが、資格手当は重要なもの。

資格を取っておくだけで実務に役立つので、ケアマネージャーは人気のある資格です。

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*