介護福祉士になるには?|資格取得からキャリアパスの全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士はいわゆる皆さんが想像する介護士です。

介護士というと「ホームヘルパー」が思い浮かびますが、ホームヘルパーは公的認定資格ですが、介護福祉士は国家資格となります。

日常生活が困難な高齢者の介護を行なったり、高齢者の介護を行なう家族にも介護指導をして手助けする仕事です。
資格がある事により様々な介護の専門能力があると証明されますので、年々需要は高まっています。

介護の仕事としては、実務介護を行ないます。

介護福祉士の資格とは

分野 介護
関連する法律 社会福祉士、介護福祉法
問い合わせ先 公益財団法人社会福祉振興・試験センター

介護福祉士はケアワークの専門職として位置づけられた国家資格です。

ヘルパー資格が廃止されて、今後は国家資格の1本化されていく方向に進んでいます。

介護福祉士最大の魅力は、現場で働きながら高齢者や障害者から学んでいくので、単調さが少なく新たな発見や充実感があり、人として成長できる点です。

 

介護福祉士の仕事

様々な職場で家事全般から高齢者の身の回りの介護をします。

家族などの周囲で介護をする人に対して、相談や介護のやり方について指導する役割も担っていますので、幅広い知識と技術を求めれています。

介護福祉士の主な仕事は大きく分けて4つです。

身体介護

高齢者の入浴、排泄、食事等の介護サポートです。
また、外出の手助け(動車への乗り降りや歩行補助、車いすでの移動など)や身辺の整理整頓などの生活上の介護もします。

どのような介護が必要なのかは人により違いますので、相手に寄り添った介護を行うことが大切です。

生活援助

在宅介護の生活援助も重要な仕事です。
食事や洗濯、掃除などの家事全般から、買い物に行けない場合は買い物などの日常的な家事全般をします。

ご家族がいる場合には相談しながら、高齢者の気持ちを汲み取った介護が必要です。

相談・助言

介護者の家族などに介護のやり方を教えたり、相談に乗ったりという仕事もあります。

ご家族は専門知識は全く知らない事がほとんどです。
そのため、介護食の調理方法や福祉用具の事、介護保険についてなど様々な知識が要求されます。

社会活動支援

家族がいない介護者なら自分一人では出かけられたいため、孤独になりがちです。そんな方に近隣との対人関係から地域活動まで支援する役割もあります。

医療行為が出来るように

2012年の4月から、今までは出来なかった医療行為が一定の研修を受ければ出来るようになりました。

医療行為とは簡単にいうと、医師の指示に基づいた医学的なケアという意味です。実際には、「注射」や「採決」「タンの吸引」「床ずれの処理」などです。
今までは介護士は出来なかったのですが、一部出来るようになりました。

介護の幅が広がり高い専門性を求める傾向も強くなっているので、今後は更に専門家として求められていく職業が「介護福祉士」です。

 

またこちらの記事では介護福祉士と社会福祉士についてもまとめています。

 

介護福祉士が働く職場

働く場所は介護施設がある場所ですので、活躍の幅が広いです。

  • 介護保険施設
  • 老人保健施設
  • 障害福祉サービス事業所
  • デイサービス
  • 認知症高齢者グループホーム
  • 訪問介護事業を行なう企業

こちらの記事にもまとめています。

 

介護福祉士に求められるもの

幅広い介護の知識と技術

介護福祉士の仕事の範囲は年々広がりつつあります。

資格がなくても出来る介護の仕事ですが、介護師不足の現在、世の中のニーズは介護の専門家が求められています。

知識や技術はもちろんの事、介護が必要な方の状況に合わせた適切な介護をしなければなりませんので、臨機応変さも求められます。

人の役に立ちたい気持ち

介護が必要な高齢者と日々接する仕事なので、「人の役に立ちたい気持ち」や「相手をいたわる気持ち」が一番重要です。

コミュニケーション能力

介護が必要なさまざまなお年寄りと日々接する仕事なので、コミュニケーション能力は求められます。
また介護をしている家族とも接するので話を聞いて、介護指導出来る能力も必要です。

普段高齢者に接していないと自分が果たして向いているのかが分からないかもしれません。
ですが実習では様々な高齢者に接するのでだんだん高齢者への接し方が分かってきます。

 

介護福祉士になるには

介護福祉士の資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。

通学・研修 必須
実務経験 2年以上の養成施設終了してれば不要・6ヶ月以上の研修受講は3年以上、特例借置の一部福祉高校では9ヶ月。
認定試験 国家試験
合格率 平成26年度:61%

care-worker-chart1

介護福祉士になるには2014年までは養成学校に2年以上通うか、実務を3年以上経験していれば国家試験に受験出来ましたが2015年から制度が変更されました。

2014年までに介護福祉士養成施設を卒業した場合は、国家試験が不要になります。

一般的なルートとしては、一般高校を卒業してから養成施設に進む方が一番多いです。
高校生ならば2年以上の介護福祉養成施設に進学してから卒業後に国家試験を受験するルートです。

 

これは介護の資格は年々幅広い知識と技術を必要とされている世の中の傾向から、4年生の大学を卒業する介護士が増えている為です。

もしあなたが中学生なら、福祉系の高校に進学して介護福祉士国家試験受験資格を取得する方法もあります。

実務経験からの受験

実務経験による受験資格は、従業期間3年(1,095日)以上で従事日数(実際に介護等の業務をした日数)540日以上が必要です。

2017年度の介護福祉士国家試験は、「実務者研修の受講(450時間)」を終了しなければなりません。

受験申し込み日には基準に達していなくても、筆記試験前日までに満たす見込みがある場合は「実務経験見込み」として受験できます。

福祉系高校からの受験

特例系高等学校からの受験

厚生労働大臣の指定した特例高等学校に入学して単位を取得。その後9ヶ月以上の実務経験があれば受験出来ます。

9ヶ月は試験日前日までの計算になります。

平成28年度からは、「実務者研修」を終了しなければなりません。

受験申し込み日には基準に達していなくても、筆記試験前日までに満たす見込みがある場合は「実務経験見込み」として受験できます。

介護福祉士養成施設、福祉系高等学校卒業からの受験

修業年限が2年以上の介護福祉士養成施設や高等学校を卒業後に受験出来ます。

実技試験は免除になり、講習も出ないで筆記試験のみになります。

養成施設からの受験

福祉系大学含む様々な養成施設を卒業後、介護福祉士養成施設を1年間以上勤務後に受験出来ます。

社会経験を積んでいる人が受験するには

まず全くの未経験の場合は、ホームヘルパー2級と同等の「介護職員初任者研修」を受けて基礎的な知識と技術を学んだ方がいいでしょう。

一般的に多いケースは、3年以上の実務経験を積んでから6ヶ月以上の「介護職員実務者研修」を受講。それから国家試験という人が一番多いです。

もし就職先やパート先が見つかった場合は、働いて実務経験を積みながら「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」を受けるのも可能です。

注意点

実務経験というのはかなり細かく設定されています。

先に実務を経験する場合には、働く前に介護福祉士の実務経験として認められる仕事なのか、証明書を出せる職場なのかを確認しておきましょう。

 

介護福祉士を目指せる学校

介護福祉士を目指せる学校については、こちらの記事にてまとめています。

 

介護福祉士の国家試験に合格する方法

具体的な受験手順はこちらの記事にてまとめています。

 

また模擬試験も行われていますので、積極的に活用していきましょう。

 

実技試験も有りますので、対策が必要です。

 

介護福祉士の将来性

介護保険制度が2000年に開始されてから、高齢化が進むに連れて活躍の場は広がっていますので将来性は非常に高い職業です。

介護福祉の業界自体が時代に求められている業界の為、量よりも質という傾向が強くプロフェッショナルが求められています。
キャリアパスが明確になることで、将来の展望が明るくなっていくのもポイントです。

他にも認定介護福祉士(仮称)というキャリアパスが新しく用意される予定になっている事でも分かる通り、介護福祉士の社会的地位や給料水準を上げる国の施策は着々と進んでいます。

給料や手当なども知識として入れておきましょう。

 

介護福祉士のキャリアパス

介護福祉士に合格したら、その上の上級資格に「認定介護福祉士」というものがあります。

また多くのキャリアアップを狙う介護福祉士は、仕事内容自体が体力面が必要なため、相談援助職であるケアマネージャーや社会福祉士の資格を目指していく形が多数を占めます。

実務経験も必要な為、それぞれの年数なども確認しておきましょう。

 

まとめ

介護福祉士の仕事は高齢者のいる介護施設をイメージしがちですが、かなり多様化しています。

また看護と介護の仕事内容が似ていて看護業務も一部介護士が出来るようになっている事などから、活躍の場は広まるでしょう。

学歴や性別などには捕われなく、資格を持っている事で社会貢献度の高い専門職に就くことが可能です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*