介護福祉士の男性と女性それぞれのメリットや違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士といえば女性のイメージが強くありますが、近年では男性の介護福祉士が増えてきています。

そこで今日は、男性と女性の介護福祉士のメリットについて考えてみました。

デメリットについてはこちらです。
介護福祉士の男性と女性のデメリットや違いとは?

女性の介護福祉士のメリットは?

介護の仕事は主に利用者(高齢者)の身の回りのお世話をする仕事です。

その為、普段から家事や育児を担うことが多い女性は介護の現場においても仕事に馴染みやすいという面が有ります。
身体介護に限らず、調理や掃除なども男性よりも得意な方が多いのではないでしょうか。

また女性はおしゃべりが好きですから、世間話や何気ない会話を通じて利用者とのコミュニケーションも自然と取りやすいでしょう。

利用者(高齢者)の割合も女性が多いので、利用者から見て同性である女性職員の方がお願い事をしやすかったり気を使わないというメリットもあります。

 

男性の介護福祉士のメリットは?

男性は女性と違って体が大きく力がある場合が多いので、体格の大きい男性利用者などの移乗や移動の際に男性職員がいてくれるととても助かります。

入浴介助や排泄介助においても同様です。

また女性よりも現実的に物事を考えたり、計画的に物事を進められるので管理職に向いています。
そのため男性職員の施設管理者は現在とても増えています。

そして利用者が男性の場合、男性の職員の方でないと心を開いてくれない方もいます。
反対に、女性の利用者の中にも「男性になら心を開きやすい」方がいます。

そういう時こそ男性職員が必要になるので、これから需要が多くなると見られています。

 

女性と男性の介護福祉士の違い

女性は性質状細やかな仕事が得意で、細部に「気が利く」という利点があります。

そして男性の場合は「気が利く」部分が女性と違い、在庫管理やケース記録などの事務的部分が得意だったりします。

また女性は利用者にフレンドリーに接しやすく、男性は利用者を一人のお客様として丁寧な対応を取る場合が多い傾向が有ります。どちらが良いというわけではなく、介護の現場においても得意な分野が違いそれぞれに役割が存在しますので、上手く役割分担をしていく事で介護の現場がスムーズになる場合が非常に多いです。

男性だけの現場や女性だけの現場などはあまりいい状態ではない場合が多いようです。

 

まとめ

介護の現場はまだまだ女性中心の職場ですが、男性の介護士でないとどうにもならない時がなにかとあるもの。
男性介護士は1部署に1人は必ずいて欲しい存在です。

これからは、男性も女性もそれぞれの力を発揮できるような介護の職場づくりが重要になってきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護福祉士を目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*