事業所によって変わる介護職員の平均給与やボーナス事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

平均給与やボーナス事情は働く上で重要な要素です。

介護職員や保育士の給与は全産業の平均よりも月額数万円、試算によっては9万円程度低いと言われています。
昇級や賞与が微々たるものという事業所も別に珍しいわけではありません。

地域差も大きい為一概にはいえませんが、現在では離職率1位の介護職員の処遇改善の為に公金が投入されています。

訪問系や通所系の夜勤を伴わない種類の事業所の場合

今までで見たこの種の事業所の求人票では、最も安い値段は給与が額面10万円程の額でした。
高くても16、7万円程度が一般的になっています。

夜勤を伴わないというのは体には優しいですが、給与を考えると夜勤手当が無いので非常に厳しいものになります。

ボーナスは無いか、支給されても年2回で合計基本給2ヶ月分位迄が多いです。

 

夜勤を伴うが制度上在宅と扱われる事業所の場合

こういうタイプの事業所の場合は、夜勤を月に4回から6回程度伴いますので、夜勤手当が加算されます。
額面でいうと、17万円から20万円位です。

手取りにすると14万円から16万円半ばといったところです。
ボーナスは無いか合計基本給2ヶ月から多いところでは4ヶ月分程度支給され幅が広いです。

 

介護老人保険施設や特別養護老人ホーム等の夜勤を伴う事業所の場合

介護業界の中ではこのタイプの事業所が最も給与が多く支給される傾向にあります。
額面でいうと20万円位から35万円位まで幅があります。

何故このタイプの事業所の場合か給与を多く支給されるかと言うと、理由は2つで1つは夜勤を伴う事です。

もう1つの理由はこのタイプの事業所の場合訪問系や認知症対応型共同生活介護等の別のサービスも手掛けて広くサービス提供をして規模が大きいというのが挙げられます。

 

まとめ

副業としてならいざ知らず、収入が介護で働く給与のみの場合はいかに厳しいか分かって頂けるのではないでしょうか?

介護職に高給を求めて働く人はほとんどいません。ほとんどの方はやりがいや需要、将来的な成長を考えて介護業界に就職・転職する人が多いでしょう。

介護士不足を解決出来る一つの要素が給与面です。

これからの給与アップや補助金など様々な政策が国レベルで検討されている為これから整備されていくが期待されます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*