ケアマネージャーになるには?|資格取得からキャリアパスの全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも呼ばれる介護サービスのトータルコーディネートをする役割を担う仕事です。

介護保険を利用したケアプランを作成するのが主な仕事ですが、高齢者の希望似合わせた様々な介護の相談援助を行ないます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格とは

分野 ケアマネジメント
関連する法律 介護保険法
問い合わせ先 各都道府県

ケアマネージャーの資格は、国家資格ではありませんが、各都道府県知事の登録を受ける公的な資格です。

介護保険を受ける事になる高齢者本人や家族がケアプランを作成をする事は可能ですが、介護保険制度でケアプランを作成して、報酬を貰えるのはケアマネージャーだけなので業務独占の資格です。

ケアマネージャーの資格は、医療や福祉に関する一定の資格と実務経験が必要になります。
そして、介護保険に関する知識や制度改正の法律知識が必要です。

福祉の仕事としては取得が比較的むずかしい資格ですが、独立も可能なため人気のある資格として位置づけられています。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事や役割

ケアマネージャーの仕事は、日常生活を送る高齢者の悩みや相談を受けて解決方法を図る仕事です。

  • 介護保険をどのようにして利用すれば良いのか?
  • どうすれば快適な生活をおくる事が出来るのか?
  • 本人に一番合ったサービスはどのようなものなのか?

これらの悩みを介護サービスを利用する高齢者ごとに介護計画(ケアプラン)をたてます。

 

仕事内容は大きく分けて5つあります。

  1. 要介護者からの相談、助言、訪問調査
  2. 課題の分析、ケアプラン原案作成
  3. ケアプランの作成
  4. サービスの調整、モニタリング
  5. 給付管理

ケアプランを立てたら利用状況を定期的に確認(モニタリング)をしたり、必要に応じてサービスを変更・調整していく事で高齢者と携わっていきます。

ケアプランに基づいて実施されたサービスを記録し、国民健康保険団体連合会に提出して給付の管理までサポートします。

毎年の様に変わる社会保障制度や介護保険制度を理解し、親身になって考えることが大切です。

高齢者のパートナーになるケアマネージャーは、非常に頼りになる存在になってくるため幅広い知識が必要です。

さらに高齢者の希望を聞き取って最適な解決法を提示する話を聞く能力なども求められてきます。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)が働く場所

今までは介護サービス事業所や介護施設で働くケアマネージャーがほとんどでしたが、現在は様々な施設で働く事ができます。

 

認知症の高齢者を受け入れるグループホームをはじめ、地域包括センターにもケアマネの配置が必須となりました。

    • 居宅介護支援事業所
    • 地域包括センター
    • 特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設
    • 介護老人保健施設
    • 介護療養型医療施設

なお、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設に関しては100人の利用者に対して、1人のケアマネージャーの配置が義務づけられています。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)の将来性

ケアマネージャーの資格は現在需要は非常に高いと言われています。

その理由として高齢者社会になっていく今後、介護保険の利用者数の増加が確実なため、ケアプランが作成出来るケアマネージャーはどこの事業所も確保しなくてはいけない状況です。

また転職にも有利に働くという面が非常に高い資格です。

 

ケアマネージャーになるには

通学・研修 必須(合計7日間程度の研修受講)
実務経験 必須(5年又は10年以上)
認定試験 各都道府県が年1回実施
合格率 平成27年度:15.51%

care-manager01

受験資格

ケアマネージャー(介護支援専門員)になるには、まずは介護支援専門員実務研修受講試験に合格することが必要です。

そして、ケアマネージャーは厳格な受験資格の基準が決められています。
まずは自分が受験資格があるのかどうかを確認しなければいけません。

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格を得るには2つのパターンがあります。

ケアマネ試験の受験資格は平成 27年2月12日から変更になりました。

特定の国家資格を取得し、5年以上の実務経験かつ従事した日数が900日以上

受験資格にあたる保健・福祉・医療分野の国家資格は数多くあります。

介護福祉士、社会福祉士、医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、精神保健福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、薬剤師、栄養士、管理栄養士

これらの資格を持ち、その業務に関して5年以上の実務経験が必要です。

実務経験の注意点

勤務形態は常勤でも非常勤でもかまいません。ですが、例えば医師として働いていたのではなく、研究者として働いていた場合は従事日数には含みません。

ケアマネジャー試験を受験するのに必須な「実務経験」は、業務内容とその従事期間および従事日数の組み合わせで審査されます。

また国家資格が無くても、下記当てはまる場合は受験資格を得られます。

相談援助業務で5年以上の実務経験

またデイサービスや、福祉事務所、障害者支援施設など介護職員など指定された介護業務で5年以上の実務経験があれば取得出来る様になりました。

国家資格での業務以外でも相談援助業務を合わせて5年の経験で受験資格を得られます。

相談援助業務とは

相談援助業務とは、施設などにおく事が義務付けられている相談援助職です。

・生活相談員(生活相談員として介護老人福祉施設や特定施設入居者生活介護などで自立に関する相談援助業務に従事)

・相談支援専門員(障害者総合支援法第5条第16項及び児童福祉法第6条の2第6項に規定する事業の従事者として従事)

・主任相談支援員(生活困窮者自立支援法第2条第2項に規定する事業の従事者として従事した期間)

・支援相談員(介護老人保健施設において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談援助業務)

 

試験は各都道府県が管轄して、毎年1回、例年10月の日曜日に開催されています。

介護福祉士であり、介護職員として5年以上の実務経験があるなど特定の条件を満たしている人が、都道府県知事が実施している介護支援専門員実務研修受験資格を受けられます。

 

合格後は研修を受ける必要がある

試験に合格後は「介護支援専門員実務研修」を受講する必要があります。

関連記事:ケアマネージャーの実務研修の全知識【内容・費用・合格率】

実務研修の実施方法は、都道府県によってことなりますが、おおむね前期と後期に分かれて7日間、32時間以上の研修を全日程出席することで、無事修了となります。

この実務研修を受講後に、都道府県知事に申請して登録を受けると、介護支援専門員証が交付されケアマネージャーとして認められます。

具体的な手順についてはこちらにまとめてあります。

関連記事:ケアマネージャーの受験申し込みから登録までの具体的手順

 

登録後の有効期限

そして一度登録が終われば、通常登録が無くなる事はありません。

ただし介護支援専門員証の有効期間は5年間なので、更新や再交付を受けるにはそれぞれ研修を受講しなければいけません。

 

まとめ

ケアマネージャーは歴史は浅い資格ですが、多様化する介護サービスでかならず必要になってくる需要のある資格です。
特に半数以上は、介護福祉士の資格を持っている方がステップアップとして資格を取得しています。

ケアマネージャーのキャリアパスとしては次に主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)や居宅介護支援事業所の管理者などが考えられます。

また、模擬試験も積極的に活用する事も重要です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*