ケアマネージャーが働く職場はどんなとこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーが働く職場というと高齢者施設などをイメージする方が多いと思いますが、ケアマネージャーは高齢者施設以外でも様々な場所で働いてます。

ケアマネを目指す方は是非知っておきましょう。

この記事では、ケアマネージャーが働く職場についてご紹介していきます。

最も多い職場は居宅介護支援事業所

ケアマネージャーが働く場所として最も多い場所は、居宅介護支援事業所というところです。
ここでは主に、在宅に住む高齢者に対してケアマネジメントを行います。

介護保険の調整からケアプラン、福士用具の選定まで様々な仕事を行ないます。

居宅介護支援事業所は基本的にケアマネージャーしか資格者がおらず、多い所で20名以上のケアマネージャーが在籍をしています。

在宅サービスの要となる重要な役割を担っています。

 

高齢者施設

老人ホームなどの高齢者施設で活躍しているケアマネージャーは主に、施設に住んでいる方のケアマネジメントを仕事としています。

高齢者施設で働くケアマネージャーは高齢者100名に対して1名の配置が義務づけられていますので、ほとんどのところでは一人でケアマネージャーをしています。

また施設で働くケアマネージャーは、施設のイベントや場合によっては食事介助などを手伝うことがあります。
その流れで、元介護福祉士がなることが多い傾向にあります。

またケアプランの作成については、原本を介護職員が、ケアマネージャーは最終的なチェックを行うという工程で行なう施設が大半を占めます。

 

その他働く場所

その他としては、地域の地域包括支援センターという所があります。

ここでは、社会福祉士、看護師、主任ケアマネージャーが働きます。
ケアプランの作成ももちろん行いますが、その他の仕事もたくさんあります。

地域の集まりに参加したり、高齢者向けに介護保険を説明したりなど、様々な仕事を行っています。

主任ケアマネージャーしかなれない仕事ですので、通常のケアマネージャーは地域包括支援センターで働くことができませんので注意しましょう。

公的施設

ケアマネージャーは公的施設でも働いています。

  • 福祉事務所
  • 市区町村福祉担当課
  • 福祉公社

などでもケアマネが働いています。

 

まとめ

ケアマネージャーは基本的に介護保険を担当したり、ケアプランの作成を専門とします。

多くの場合は居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、介護施設などで活躍をしています。

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*