ケアマネージャーの男性と女性のデメリットや違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

介護の世界は女性が圧倒的に多い業界です。
特にケアマネージャーの場合は男性の割合が非常に少ないと言われています。

しかし、最近では徐々に男性ケアマネージャーも増加してきており、男性も活躍しています。

男性と女性のケアマネージャーのメリットとデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

女性ケアマネージャーのメリットとデメリット

女性のメリット

高齢者に馴染みやすい

女性ケアマネージャーのメリットとしては女性高齢者に威圧感を与えないということが最大のメリットだとされています。

女性同士ならでは様々な悩みを相談することができるという高齢者も非常に多いですし、男性利用者からも気軽に悩みを相談できるということがあります。

これは女性ならではの安心感がそうさせるものだと思います。

ケアマネージャー=女性と思っている高齢者も多いですので、自然な流れでケアマネジメントを行うことができます。

事務仕事は女性に向いている

基本的に計算やケアプランの作成など、ケアマネージャーは事務仕事が多くなります。

そういった事務は本来女性の方が得意で、今まで企業の事務職で働いていた場合にはすぐに慣れる事ができます。

細やかな仕事が得意で、細部に「気が利く」事務仕事は女性に向いているのです。

妊娠や子育て中でも出来る

実際に高齢者を介護するのは、体力仕事ですが、ケアマネの場合は事務職といえます。

そのため体力的な不安がある場合でも仕事を続ける事が可能です。

 

女性のデメリット

結婚による業務制限を嫌う施設もある

女性の場合は当然未婚の場合には、これから結婚する可能性があります。

入社前に結婚しても仕事を続けると宣言していても、もしかしたら旦那様の仕事の都合上辞めなくては行けなくなる可能性もあります。

転勤という可能性もあるわけで、施設で働く場合にはそこを懸念される可能性もあるのです。

男性の高齢者に不安を与える可能性もある

女性だから頼りにならないと思っている高齢者も多く、特に亭主関白で過ごしていた男性に多いと言われています。

そのため、ケアマネジメントを行おうとしてもうまく進まないといった障害が出てくる可能性があります。

 

男性ケアマネージャーのメリットとデメリット

男性のメリット

気難しい男性高齢者には対応しやすい

女性では手に負えない、舐められてしまう場合は結構多いです。
高齢になればなるほど、男尊女卑の考え方は強い様に思います。

そういう時にこそ男性だと、しっかりと言う事を聞いてくれる傾向があります。

そのため施設では必ず男性ケアマネを1人入れておきたいという事業所なども増えています。

高齢者が女性には頼めない事も相談される

ケアマネは、高齢者の自宅にも伺う為男性高齢者の場合だと、男性の方が気軽に相談出来るという事があります。

高齢者の中には女性というだけで気を使ってしまう紳士的な人も大勢いますので、男性の方が気楽という声を実際に多いようです。

 

男性のデメリット

家事業務が苦手な人が多い

また、場合によっては、食事作りや掃除など「家事業務」を行う必要があります。
そのため、家事が苦手な男性はとても苦労します。

もちろん女性でも苦手な人はいますし、男性でも得意な人はいますが、一般的には女性の方が得意ですよね。

収入面

介護業界全体に言える事ですが、平均給与が安いのも男性としては悩みどころでしょう。

他の介護職に比べれば良いとされるケアマネージャーですが、それでも他の業界に比べると安いですし、施設の場合には上限があります。

共働きが当たり前の現在ですので、先の事も踏まえていきましょう。

 

まとめ

介護現場は、特に最近男性が増えています。

保育士なども増えて来ている傾向にあるなど、福祉業界全体でよく目にするようになりました。

女性と男性の役割にはそれぞれの得意な分野や役割が存在します。

男性ケアマネージャーや女性ケアマネージャーのメリットデメリットはそれぞれありますが、それを感じさせないような関係作りが大切になります。

 

関連記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通信講座はユーキャン

資格取得を目指すなら「ユーキャン」がおすすめです。

合格実績、利用者数、また内容も動画で確認できるのでわかりやすいのが特徴です。

税込49,800円で自宅で資格取得を目指すことが可能ですのでまずは資料請求をしてみましょう。

 


資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*