在宅や施設か?ケアマネージャーが働く前に重視すべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーが働く場所は様々なところがあり、多くの求人が出ています。

ケアマネージャーとして働く場合、どのような職場判断基準があるのでしょうか?

判断基準の見方についてご紹介をします。

ケアマネージャー一人当たりの担当人数【在宅ケアマネの場合】

ケアマネージャーは基本的に担当の上限は35名以下となっています。
ですが、実際はそれを超える数を持つことができます。

35名以上持ってしまった場合は、超えた分の介護報酬が下がってしまいますが推奨している事業所も非常に多いです。

ケアマネージャーが適切にケアマネジメントを行える人数の目安としては35名だと言われている中で、一人で50名以上の担当を持っているところもあります。

そういったところは、残業や休日出勤などが多い傾向にありますので、注意しておきましょう。

 

働く場所を詳しく知っているのか?【在宅ケアマネの場合】

ケアマネにとって働く場所というのは非常に大切なことになります。

その理由として、ケアマネージャーは高齢者に対して介護や医療を提供してくれる事業所を紹介するのが、大切な仕事となっているからです。
そのため、どのような事業所、病院があるのかを把握しておくことが大切になります。

また、高齢者の自宅にいくことが多いですので、地理をある程度知っておくとスムーズに仕事ができます。

 

ケアマネージャーの仕事に専念できるのか?【施設の場合】

施設で働くケアマネージャーは、施設の行事や介護職の手伝いを行うことがあります。

施設によっては毎日食事介助に入らないといけないなどの決まりを持っていることがあります。

そうすることによって自分の仕事に専念できずに残業などをしてしまう可能性が出てしまいます。

 

まとめ

ケアマネージャーは場所によっては非常に忙しいところや、余裕をもって仕事をできるところなど差があります。

そのため、上記のポイントをしっかりと理解して就職をすることをおすすめします。

 

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケアマネージャーを目指せる学校の資料一括請求

介護職の進路を探すならリクナビ進学がおすすめです。

実際どんな学校なのか具体的に知りたい、オープンキャンパスに行って雰囲気をしりたいならまずは資料請求です。

「リクナビ進学」ならすべての学校情報を無料で資料請求出来ます。

資料請求はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*